おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ピリ辛甘だれを熱々の鶏唐揚げにからませて

鶏のピリ辛唐揚げの写真

調理時間:30分以下

豆板醤やごま油を合わせて作った“ピリ辛甘だれ”を、揚げたての鶏唐揚げに合わせます。これはビールが進む!

ちなみに、ピリ辛甘だれは材料4つで作れるので、辛いもの気分の時にぜひお試しください。

このレシピのキーワード
鶏肉
お弁当
揚げ物
お酒のつまみ

印刷する

鶏のピリ辛唐揚げの材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 1枚(300gほど)
  • 片栗粉 … 大さじ3
  • 揚げ油 … 適量
  • 醤油 … 小さじ2
  • 酒 … 小さじ2
  • 塩 … ふたつまみ
  • こしょう … 少々
  • 豆板醤 … 小さじ2
  • ごま油 … 小さじ2
  • 砂糖 … 小さじ1
  • みりん … 大さじ1 ※みりんは大さじ1を煮切ったものを合わせます/詳細は工程にて

スポンサーリンク

鶏のピリ辛唐揚げの作り方

鶏のピリ辛唐揚げの準備

鶏肉はジューシーな鶏もも肉を用意し、芯までスムーズに火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。

まず、鶏もも肉は食べやすい大きさ(3〜4㎝四方くらい)にカットして、Aの調味料を混ぜ合わせてから5分ほど味をなじませます

ピリ辛甘だれの作り方/レシピ

味をなじませている間に揚げ油は160~170℃に熱しておき、また、ピリ辛甘だれも作っておきます。

Bの調味料の中のみりんは、アルコールを煮切ってから合わせたほうがよいので、レンジにかけてアルコールを飛ばします。

耐熱容器に大さじ1のみりんを入れてラップをせずにレンジに入れ、600Wで50〜60秒ほど加熱します。

みりんが煮切れたら、残りのBの調味料と煮切ったみりんを容器に合わせ、混ぜ合わせます。※ピリ辛甘だれは揚げたての唐揚げに混ぜ合わせるので、鶏肉を揚げる前に作っておきましょう。

※煮切りみりんに関しては「煮切りみりんの2つのやり方」にて、レンジ加熱と鍋で沸かす方法をそれぞれ詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

鶏のピリ辛唐揚げの仕上げ/レシピ

5分たった鶏肉のボウルに片栗粉大さじ3を加えてよく混ぜます(下味の調味料は特に捨てたりする必要はないです)。

※片栗粉は鶏肉300gなら大さじ3でいいですが、少し大きめの肉なら大さじ4くらいを目安に加えるとよいです。

揚げ油が160~170℃になれば、鶏肉を入れて箸でほぐし、徐々に温度を180~190℃まで上げながらカリッと揚げます。

※油の量によっても変わってきますが、160~170℃で鶏肉を入れる→2~3分揚げる→火力を強火にして鶏肉を揚げながら油の温度を180~190℃に上げる→高温で1~2分ほど揚げるくらいが目安になると思います。※「唐揚げの基本レシピ」では2度揚げの方法も紹介しています。

鶏肉が揚がったらボウルに入れ、先に作っておいたピリ辛甘だれを加えて混ぜ合わせれば完成です!ピリリと甘辛いたれがクセになる味わいだと思います!

【補足】

  • 揚げ油に鶏肉を入れるときは、鶏肉の皮を広げてきれいに身にまとわせてから入れると、仕上がりも食べた時のバランスもよくなると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ