おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

シンプルが一番!わかめスープのレシピ/作り方

わかめスープの写真

調理時間:10分以下

わかめスープの名脇役であるねぎは“みじん切りにしてごま油で炒めて”から合わせるとよいです。

そうすることで香り高く、わかめの存在感も味わいもしっかり感じられるスープに仕上がります。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
わかめ
長ねぎ

印刷する

わかめスープの材料(2人分)

  • 乾燥わかめ … 3gほど
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1/2本
  • だし汁 … 300ml(※)
  • 白いりごま … 小さじ1/2ほど
  • こしょう … 少々
  • ごま油 … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ1
  • 砂糖 … ひとつまみ

※だし汁に関しては、工程③や下の補足でも、種類や取り方を紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

わかめスープの作り方

わかめスープの下ごしらえ

わかめスープに使う具材はシンプルに『乾燥わかめ、長ねぎ、ごま』の3種類です。

※乾燥わかめに関しては、戻すと10倍くらいに増えるので、2〜3gでよいと思います。ちなみにカレースプーン山盛り1杯で2.5g前後になります。

長ねぎはみじん切りにして合わせます。そうすることでねぎの香りも立ちやすいし、具材としてのわかめがしっかり引き立ってくれると思います。

※みじん切りのやり方は「ねぎのみじん切りの方法」も参考にしてみてください。

わかめスープのレシピ/作り方

鍋にごま油を入れて火にかけ、熱くなればみじん切りにしたねぎを加えてさっと炒めます。全体に油がまわれば、だし汁をそそぎ入れます。

だし汁が沸いたら少し火を弱めます。そこに乾燥わかめを入れ、Aの調味料(醤油と砂糖)を加えて、さっと混ぜ合わせます。

味見をして塩気が足りなければ塩少々で味をととのえ、わかめがしっかり戻れば出来上がりです。

あとは器や椀に盛り付け、こしょうをふり、ごまを指でひねって少し潰しながらちらせば、より香りよく仕上がります。

わかめスープの応用編

白ごはん.comの中でも手羽先のレシピで先端を切り落とすものがいくつかあります(「手羽先唐揚げ」「手羽先の煮物」など)。

そこで余った手羽先の先端部分は冷凍してストックしておき、わかめスープのだし取りの時などに使うと、鶏のだしや脂が出てくれて、コクや厚みがしっかり感じられるわかめスープになります。応用編ですが、ぜひこちらもトライしてみてください。

※だし取りは水400〜500mlに対して、手羽先の先端を7〜8本くらい入れてぐつぐつ10分くらい煮込めばOKです。手羽先単体では味が弱いので、そこに昆布やかつお節を合わせるとよいです。昆布とかつおをダブルで合わせるなら【昆布と手羽を水からだし取り→後からかつお節】、手羽先のうま味が出ることを考えて昆布を抜いてかつお節だけでも美味しいのでその場合は【水から手羽でだし取りし、後からかつお節】という手順でOKです。

【補足】

  • だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなど、白ごはん.comのだしレシピも調理時間や材料に合わせて参考にしてみてください。
  • 今回は乾燥わかめを使いましたが、塩蔵わかめを塩抜きしたり、刺身用わかめを食べやすく切って加えたりしてもおいしいです。
  • このわかめスープに卵を溶き入れたり、春雨を加えて春雨スープにするのもおすすめです。卵を加えるときは適宜塩気を足し入れて味を調整してください。
  • 急いでいるときは、長ねぎを輪切りにしたり、斜め薄切りにしたりして合わせるとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ