おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

人気絶大なチューリップ唐揚げのレシピ/作り方

チューリップ唐揚げの作り方の写真

調理時間:30分以下

弁当やおもてなしで人気の高いチューリップ唐揚げ(我が家でもほんとに1番人気)。ポイントは皮が外側に来るようにチューリップを作ること

そうすることで、皮はパリッと中はジューシーに仕上がります。手羽先のほうが慣れればチューリップにしやすいと思うので、「チューリップの作り方」と合わせてどうぞ!

このレシピのキーワード
手羽先
唐揚げ
鶏肉

印刷する

チューリップ唐揚げの材料(2人分)

  • 手羽先のチューリップ … 10本分(※)
  • 生姜 … ひとかけ分(約10g)
  • 片栗粉 … 大さじ4
  • こしょう … 適量
  • 揚げ油 … 適量
  • 醤油 … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ1/2

※チューリップは手羽先で作ります。「チューリップの作り方」を参考に用意してみてください。

スポンサーリンク

チューリップ唐揚げの作り方

手羽先でチューリップを作る

チューリップ唐揚げは、手羽先を使って、皮が内側に入らずに外側に出た状態で仕上げるのがおすすめです。

そうすることで、揚げる段階で皮にしっかりと火を通すことができます。→手順の詳細は「チューリップの作り方」を参考に用意してみてください。

チューリップ唐揚げの下味/味付け

手羽先をチューリップ型にできたら、下漬けに入ります。生姜の風味をきかせるので、ひとかけ分を皮ごとすりおろしておきます。

チューリップは身に加えて骨もあるので、ビニール袋で下味をつけるとよいです。袋に手羽を入れ、Aの調味料、生姜のしぼり汁を加えます。

※ビニール袋ではなくボウルなどの容器で下漬けを行う場合は、骨があるので全体が漬かりにくいため、途中何度かもみ込むようにして、味をなじませやすくするとよいです。

ビニール袋の外から手でもんで、空気が入らないように口をしばって20分ほど漬けおきます(途中1〜2度もみ込んであげるとよいです)

時間がきたらバットなどに手羽を取り出します。別のバットに片栗粉を用意して、片栗粉を全体に、皮が重なっている部分や骨と身の間にも、しっかりまぶします

チューリップ唐揚げの揚げ時間/レシピ

チューリップを揚げるときは、フライパンに1㎝ほど揚げ油を入れて、途中上下を返しながら揚げるとよいです。

揚げ油の温度は180℃にして、チューリップを投入します。揚げる時間のトータルの目安は6〜7分です。

途中3回くらい上下を返し、全体を均一にと揚げるようにします。

全体がこんがりと揚がれば、しっかりと油をきって取り出します。手羽先は脂も多くてコクのある身質なので、揚げてからこしょうを全体にしっかり振ると、味が引き締まって美味しくなると思います。

お弁当やパーティー料理の1品として、ぜひ作ってみてください。レモンなどの柑橘系はお好みで。

【補足】

  • 今回は上記分量で22〜23㎝大のフライパンで揚げました。小さすぎる揚げ鍋よりも、浅くても少し広めのフライパンを使うと揚げやすいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ