おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

失敗なくできる!チューリップのやり方/作り方(手羽先にて)

チューリップの作り方の写真

調理時間:10分以下

このレシピを動画でみる

手羽先を使って唐揚げ用のチューリップを作ります。揚げるときに皮が外側にあったほうがとパリッと美味しく仕上がるので、そのようなやり方になっています。

各工程を写真で説明しているので、失敗なく、完璧できれいな唐揚げ用のチューリップが出来上がると思います!ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
手羽先
唐揚げ
鶏肉

印刷する

チューリップを作る材料 (分量不問)

  • 手羽先 … 適量

※チューリップは手羽元で作るレシピもありますが、手羽先の方が慣れれば簡単にきれいにできると思います。ここでは手羽先を使ったチューリップの作り方を紹介しています。

スポンサーリンク

手羽先でのチューリップの作り方

チューリップの下処理

はじめに、手羽先は関節の位置が見えやすいように、内側を上にしてまな板におきます。

人差し指の位置が間接のある場所で、その位置から5㎜〜1㎝弱ほど下のところに切り込みを入れます

切り込みは骨に当たるまで入れ、骨に対して直角に切り込みが入るようにします。

【ここからが一番のポイントです】まず、切り込みが入った手羽先を両手でしっかりと持ちます。

両手で間接部分を折るようにして、2本の骨をむき出しにするのですが、切り込みを入れた側(ここでは左手側)を特に“下から上に突き上げるように”動かすと、骨が出てきやすいです

※これは両手でしっかり持った上で、力を込めてグッと一気にやるとすぐ骨が出てきます(いつか動画でまとめたいと思います)。

チューリップの持ち手の出し方/やり方

※ここまでできたらあとは手羽中の細いほうの骨を除き、手羽先の先端を切り落とせばOKです。手羽中の太いほうの骨が、チューリップの持ち手となります※

工程①で骨が2本出てきたところなので、骨がまな板の上に垂直に立つように手羽を置きます。

右手、左手、それぞれの指で少し出ている骨をつまみ、上から真下へ、骨にそって指先で骨と肉を剥がします(骨に肉が残りすぎないように)。ここでは骨を外すことはできないので、止まる位置で止めてOKです。

骨がしっかり出たら、手羽を右手で持って、細いほうの骨をぐるぐると回転させて、取り除きます。

あとは、手羽先の先端部分を切り落とします(骨や関節がチューリップに残らないような場所で切るとよいです)。

最後に、手で持ちやすいくらいに持ち手となる骨が出ているか確認して、肉の形をととのえたら完成です。

※肉が外、皮が内側に入るようにするやり方もありますが、唐揚げにする場合、皮がパリッとしたほうが美味しいので、皮が外側にある状態でよいと思います。

【チューリップの作り方の動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特に切り込みの深さや、下ごしらえするときの力加減など、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • 唐揚げ用のチューリップは手羽元で作るレシピもありますが、慣れれば手羽先のほうが簡単できれいにできると思います。
  • 余った手羽先の先端部分は冷凍ストックしておき、だし取りなどに使うとよいです→「わかめスープの作り方」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
手羽先
唐揚げ
鶏肉

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ