おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

カレー味玉のレシピ/作り方

カレー味玉の写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

白ごはん.comでも半熟煮卵は、通年人気の高いレシピ。その煮卵(味玉)をいつもとちょっと違う味わいにしたいときに、このカレー味がおすすめです。

醤油味ベースにちょっぴりカレーのスパイシーな風味が加わり、そのまま食べても良いおかず、おつまみになりますし、レタスやほうれん草のサラダに合わせたりしても美味しいので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
ゆでたまご
カレー味

印刷する

カレー味玉の材料 (作りやすい分量)

  • 卵 … 6個
  • カレー粉 … 小さじ1
  • おろしにんにく … チューブで1㎝分ほど
  • 醤油 … 大さじ4
  • 水 … 大さじ3
  • みりん … 大さじ3
  • 砂糖 … 大さじ1

※卵2個分の場合は大さじを小さじに変えてください(詳細は下記工程にて)。

スポンサーリンク

カレー味玉の作り方

カレー味玉の準備と味付け

このカレー味の味玉は、ゆで卵を「醤油ベースのたれ」+「カレー粉」+「おろしにんにく」で漬け込みます。

醤油ベースのたれを作る際に、みりんを煮切った方が美味しいので、器にAの調味料のうちの『みりん大さじ3』を入れ、600Wで2分ほど加熱しておきます。

※このレシピでは工程を省いていますが、卵は好みの分数ゆでておきましょう。半熟気味に仕上げるには、卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯に入れて「7~8分」ほどゆでるとよいです(詳しくは、半熟煮卵の前半を参考に)。

卵がゆで上がるのに合わせて、味玉のたれを作ります。食品用のポリ袋などにチューブのおろしにんにく1㎝分、カレー粉小さじ1をはじめに加えます。

続けてAの調味料(醤油大さじ4、水大さじ3、砂糖大さじ1)と煮切ったみりんを合わせ、箸で混ぜ合わせます。

※卵6個なら大さじで量ればちょうどよく、大さじを小さじに変えると、仕上がりのたれの総量が1/3になるので、卵2個分にぴったりな分量となります(にんにくとカレー粉も1/3量に)。

卵をたれに漬け込む

ゆで卵の殻をむいて、用意したたれに浸け込みます。この時、空気を抜くようにして封をするとよいです。

漬け込んだ味玉は冷蔵庫で保存します。1~2時間以上、味をなじませてからいただきましょう!

食べる時は味玉を取り出して器に盛り付け、スプーンでたれを少しかけて出来上がりです(黄身の色合いをみせるために、縦か横に卵を半分に切って盛り付けても)。

※味玉を切るときは包丁でもよいのですが、半熟のゆで卵なら糸を使って卵をカットするときれいな仕上がりとなります(詳しくは、半熟煮卵の後半を参考に)。

【補足】

  • 半熟煮卵よりも若干味付けが薄めなので、1日くらい漬け込んでもOKです(3~4時間以上漬け込むと少し濃いめの味付けとなります)。
  • また、半熟煮卵のたれの作り方を同じように、みりんも含めてAの調味料を鍋に合わせて加熱しても良く、やりやすい方法でやってもらえたらと思います。
  • 急いでいるときは、みりんを加熱せずに、混ぜ合わせるだけでも。卵自体がアルコールの風味と相性よいのでさほど気にならないのですが、比べるとみりんのアルコールを煮切ったほうが、卵の風味が引き立ちます。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ゆでたまご
カレー味

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜レシピランキング