おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ハムたまごの三角卵焼き(マヨネーズ入り)のレシピ

ハムたまごの三角焼きの写真

調理時間:10分以下

お弁当に入れる卵料理はどうもマンネリ化しがち。そこでおすすめなのが「ハムたまご」。

好みでマヨネーズを入れると美味しくて、うちでは毎回マヨネーズ入りで作っています。

また、焼き方にもコツがあって、卵を四角く広げて焼き、ハムを挟んで三角に折りたたむと、お弁当にも入れやすいです。→プレーンの具材なし「三角卵焼き」もぜひチェックしてみてください。

このレシピのキーワード
三角たまご焼き
お弁当
卵焼き
ハム
マヨネーズ

印刷する

ハムたまごの三角焼きの材料 (作りやすい分量)

  • 卵 … 1個
  • ハム(薄切り) … 1枚
  • マヨネーズ … 適量(工程写真参照)
  • サラダ油 … 少々
  • 塩・こしょう … 少々

スポンサーリンク

ハムたまごの三角焼き(マヨネーズ入り)の作り方

ハムたまごの三角焼きの焼きはじめ

はじめに、卵焼き器の手前側に油少々を入れて中火で熱します。

熱くなれば少し火を弱め、卵焼き器の手前側に(左右どちらかに寄せて)卵を割り入れます。

卵を割り入れたら、黄身を箸でつぶします。続けて、白身も箸で軽く崩し、箸を使ったり、卵焼き器を傾けたりしながら、四角い形に広げます

※卵が思わぬところに流れていっても、箸で卵を寄せて、四角に近づけるようやってみてください。慣れてきたら難なくできるようになると思います!

焼き広がった卵白の底部分を箸で破るくらいにしっかりつつくと、表側にも卵黄の黄色が混ざる仕上がりになります。

ハムたまごの三角焼きの仕上げ

卵が四角く焼けてきたら(表面はまだ半熟でOK!)、ハム1枚を上にのせます。

ハムの上に、好みでマヨネーズ適量を加えます。

※半熟の状態のうちに折りたたむと、卵焼き器の角にも卵液が流れ、折りたたんだ箇所がきれいにふさがって仕上がります。

次に、卵を卵焼き器の隅に向かって折りたたみ、隅に卵が当たっている状態で側面も焼きます(芯まで火が通りやすくなります!)。

箸で動かしやすくなれば、裏返して反対側を焼きます。たまに裏返しながら、弱めの火加減で2分ほどじっくり焼けば出来上がりです。

ハムをのせる前の卵の大きさは、ハムよりも少し大きめくらいが目安です。

下の写真くらいだと、折りたたんだらハムが少しはみ出ますが、三角の状態で両面を焼けばしっかり固まるので問題なしです!

ハムよりもひと回り大きな四角にしたら、折りたたんでもハムが出ることなく仕上がります。

ハムの大きさや卵の状態によっても違いが出てきますが、案外雑に作っても、三角に畳めば形が落ち着くので、まずは一度手元にあるもので作ってみてください。

ハムたまごの三角焼きの盛り付け

ハムたまごが三角に焼けたら取り出します(側面も写真のように焼けていると思います)。

器に取り出し、塩・こしょう各少々を両面にふりかけます。

お弁当に入れる時はハムたまごをしっかり冷まし、真ん中で切って食べやすい大きさにしてから詰めるとよいです。

黄色の色合いを弁当に添えることができ、味もかぶりにくいと思いますので、ぜひ弁当おかずの定番にしてみてください!

【補足】

  • 卵焼き器の手前でずっと焼くので、手前側に火口の中央を持ってくる状態で作るとよいです。
  • このハムたまごの三角焼きは、卵焼き器もほとんど汚れず作れます。焼いた後の卵焼き器を使って、別の野菜などを炒めてもう1品おかずを作るなどもやりやすいと思います。
  • 卵焼き器で弁当用のおかずを後から炒めたりすることが多いので、工程では別皿に取り出したあとに塩こしょうをしています。ただ、卵焼き器の出番が終わりなら、焼いたところで塩こしょうをしても。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

  1. ホーム
  2. レシピ検索
  3. ハムたまごの三角卵焼き(マヨネーズ入り)のレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

  • 白ごはん.com Channel
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com公式LINEアカウント
  • 白ごはん.com 公式ツイッター

洋食レシピランキング

このレシピが使われている献立・特集