おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

にゅうめん春雨うどん何でも美味しい【和風牛すじ麺】レシピ

和風牛すじ麺の写真

調理時間:10分以下※牛すじをゆで終えて、そこから素麺で作る場合の時間

牛すじの柔らかな食感と、甘くて旨いさっぱりとした牛のスープが楽しめる麺料理です。我が家では、牛すじをゆでた当日か翌日に作ることが多いです。

牛すじとゆで汁さえ準備できれば、あとは簡単!というレシピなので、「牛すじをゆでる」のは少し大変ですが、ぜひ機会があれば挑戦してみてください!

このレシピのキーワード
牛肉
牛すじ
春雨
そうめん

印刷する

和風牛すじ麺の材料 (2人分(小盛りなら3人分))

  • ゆでた牛すじ肉 … 50~100gほど
  • 牛すじゆで汁 … 300ml
  • 好みの麺(素麺,春雨,うどん,フォー等)…2人分
  • だし汁 … 300ml(※)
  • しめじ … 100g
  • 刻みねぎ … 2~3本分
  • 一味唐辛子 … 好みで少々
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 塩 … 小さじ1/3
  • こしょう … たっぷりめに

※牛すじのゆで汁だけで作ると少し甘ったるくなるので、半量ほどはだし汁で。だし汁は薄めで十分です。

スポンサーリンク

和風牛すじ麺の作り方

和風牛すじ麺の準備

まずは事前に牛すじ肉をゆでておきます。今回はそのゆで汁も活用するレシピです(※詳しくは「牛すじの下処理」を)

牛すじ肉も50~100gほどで十分で、その他にしめじとねぎ、好みの麺を準備します。

※麺は素麺、春雨、うどん、フォーなど好みのもので。ただ、うどんの場合のみ細めのうどんで作るのがおすすめです。

しめじは石づきを切り落としてほぐし、牛すじ肉はゆで汁から出して細切りにします。

鍋に牛すじのゆで汁300mlと薄めのかつお出汁300mlを足し合わせます。

※上の材料箇所にも書きましたが、牛すじのゆで汁のみで作ると少し甘ったるくなるので、かつお出汁と半々くらいで合わせるのがおすすめです。かつお出汁だけでなく、水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなどでも。

和風牛すじ麺のレシピ/作り方

鍋を中火にかけて、沸いたら切ったしめじと牛すじを加えます。

しめじにはすぐに火が通るので、火を少し弱めてA(醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1、塩小さじ1/3、こしょうたっぷりめ)で味付けをして、火を止めておきます。

※こしょうは食べる時にふりかけてもOKですが、味付けの段階でたっぷりめに効かせても美味しいと思うので、味を見ながら入れてみてください。

スープができたら好みの麺を袋の表示時間通りにゆで、ざる上げして湯を切ってから器に盛ります。

そこに温めたスープをそそぎ、刻みねぎと好みで一味唐辛子を加え、さっと箸で混ぜて完成です。

牛肉の風味や甘みがしっかり感じられるけれど、くどくなくさっぱりとした仕上がりにしています。ぜひ牛すじをゆでたタイミングで作ってみてください。

【補足】

  • このレシピではさっと火の通るしめじと薬味ねぎを使いましたが、ほうれん草や小松菜などの青菜を入れても美味しいし、せん切りのにんじんを柔らかくはじめに煮て具にしても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
牛肉
牛すじ
春雨
そうめん

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋の味覚を楽しむ!レシピランキング