おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

梅干しの赤しそ漬けを使った混ぜご飯の作り方

赤しそ漬けの混ぜご飯の写真

調理時間:10分以下

梅干しに入っている赤しそは乾燥させて“ゆかりふりかけ”にするのも長期保存ができていいのですが(レシピはこちらから)、乾燥させずに梅干しや赤梅酢と一緒に取っておき、生のまま刻んで混ぜご飯にするというのもおすすめです。

赤しそと梅の風味がさっぱりと美味しく、普段の食卓はもちろん、お弁当などにももってこいの簡単混ぜご飯となってくれます!

このレシピのキーワード
ゆかり
お弁当

印刷する

赤しそ漬けの混ぜご飯の材料 (2人分)

  • 温かいごはん … お茶碗2杯分
  • 赤しそ漬け(梅干しの副産物) … 適量(10枚分くらい)
  • 醤油 … 小さじ1

スポンサーリンク

赤しそ漬けの混ぜご飯の作り方

梅干しの副産物の赤しそ漬けについて

梅干しと一緒に入っている“赤しそ漬け”を使うレシピです。自家製の梅干しや、市販品でも多めに赤しそが入っていればそれでもOKなので、梅干しと一緒に入っている赤しそ漬けを10枚ほど用意します。

赤梅酢を軽く手でしぼってまな板に移し、粗いみじん切りにします。切ったものは容器に移して醤油小さじ1を加えて2~3分味をなじませます。

赤しそ漬けの混ぜご飯の仕上げ

あとは温かいご飯と混ぜるだけです。漬け込んだ醤油も一緒に混ぜ合わせます。

まんべんなく赤しそ漬けがご飯になじめば完成。赤しそと梅の風味がさっぱりと美味しい、手軽な混ぜご飯だと思います。

【補足】

  • 梅干しを作るとき、赤しそをいろいろと後から使うことを考え、赤しそ多めで漬け込むのもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ゆかり
お弁当

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ