おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

山芋の磯部揚げのレシピ/作り方

山芋の磯部揚げの写真

調理時間:10分以下

山芋は火を通すことでもっちり食感となり、揚げることで食べ応えや香ばしさもアップしてくれます。

海苔との相性も抜群なので、ぜひ“磯部揚げ”お試しください!

このレシピのキーワード
山芋
海苔
お酒のつまみ
ヴィーガン(動物性素材不使用)

印刷する

山芋の磯部揚げの材料 (写真サイズ10個分)

  • 山芋 … 150g
  • 海苔 … 10枚ほど(※)
  • 塩 … 少々
  • 揚げ油 … 適量

※海苔は旅館などの朝食用によく使われる12切くらいのサイズでOKです

スポンサーリンク

山芋の磯部揚げの作り方

山芋の下ごしらえ

このレシピは、水っぽい長芋ではなく、大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強い山芋を使って作ります。

山芋はさっと洗ってから、皮をピーラーや包丁でむき取ります(このとき手で持つ部分を残して皮をむくと、すりおろす作業がやりやすくなります)。

※自然薯の下ごしらえはとろろご飯のページを参考にしてください。

おろし金で円を描くようにすりおろします(粗い・細かいの違いがあるものなら、細かいほうで)。

手で持つ部分として残した皮に近くなれば、皮をむいて、同じようにすりおろします。

山芋の磯部揚げのレシピ

すりおろした山芋は箸でつまめるくらい、しっかりした硬さや粘りがあるかと思います。

乾いたまな板や平皿の上に海苔を並べ、その片側に箸で山芋を適量置いていきます。

山芋をくるりを巻けば、あとは揚げるだけとなります。

揚げ油は170℃ほどの中温でOKです。山芋をそっと入れて、2分ほど揚げます。

油をしっかりと切って取り出し、塩を全体に振れば出来上がりです。

【補足】

  • 海苔はざらざらした面が裏側、つるつるした面が表側になるので、山芋をのせるときはざらざらした面にのせ、表につるつるした側がくるようにしましょう。
  • 塩で味付けをするレシピにしていますが、好みで醤油を少しつけて食べても美味しいです。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おしらせ

  • 白ごはん.com Channel
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com LINE OFFICIAL BLOG
  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook

秋レシピランキング