おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

わかさぎの南蛮漬けのレシピ/作り方

わかさぎの南蛮漬けの写真

調理時間:30分以下※漬け込む時間を除く

わかさぎはふわっとした身の柔らかさが美味しいので、食感の違う生のシャキシャキとした野菜(にんじんと玉ねぎ)を合わせ、お互いを引き立てるような具材の組み合わせにするのがおすすめです。

シンプルなのに食べ飽きず、ついつい食べ進めちゃう、味の面でも食感の面でも、そんな南蛮漬けになると思います。
【保存の目安:冷蔵で1週間ほど】

このレシピのキーワード
南蛮漬け
常備菜
にんじん
たまねぎ

印刷する

わかさぎの南蛮漬けの材料(作りやすい分量)

  • わかさぎ … 300g
  • 玉ねぎ … 小1/2個
  • にんじん … 1/3本
  • 唐辛子 … 好みで1本
  • 小麦粉 … 大さじ2ほど
  • 揚げ油 … 適量
  • 昆布だし … 200ml(※)
  • 酢 … 150ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ4
  • 塩 … 小さじ2/3

※だし汁については普通の「昆布とかつおのだし」でも代用可です。詳しくは下の補足にまとめています。

スポンサーリンク

わかさぎの南蛮漬けの作り方

わかさぎに合わせる野菜

上の紹介文でも書きましたが、わかさぎの南蛮漬けに合わせる野菜は玉ねぎとにんじんの2種類です。

わかさぎがふわっとした食感なので、2種の野菜はあえて火を入れずに合わせます(にんじんは塩もみだけして)

まず、にんじんは4〜5㎝長さのせん切りにしてボウルに入れます。塩ふたつまみ(分量外)をまぶして5分ほど置いて塩をなじませておきます。

玉ねぎは薄切りにして、こちらは水に5分ほどさらして辛みを和らげておきます。

※火を入れないことで、にんじんも玉ねぎもポリポリ&シャキッとした歯ごたえが残り、わかさぎの食感とは違う組み合わせとなってくれます。この組み合わせ、一緒に食べるとバランスがとてもよいと思います!

わかさぎの南蛮漬けの下ごしらえ

揚げたてをすぐに南蛮酢に漬けこむので、わかさぎを素揚げする前に南蛮酢を作っておきます。はじめに、Aの調味料をすべて鍋に合わせ、一度軽く沸騰させてから、保存容器や器などに移します。

南蛮酢の粗熱が取れたら、そこに上で用意した玉ねぎの水気を切って、にんじんはギュッとしぼって加えます。好みで種を取った唐辛子も加えてもOKです。

「南蛮酢の作り方」により詳しく作り方やポイントをまとめているので参考にしてみてください。

南蛮酢が用意できたら、わかさぎを揚げる下ごしらえです。冷蔵庫からわかさぎを出して、さっと洗い、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

わかさぎをバットに移して小麦粉大さじ2ほどを加え、両手を使って粉が全体にまんべんなく付くように混ぜ合わせます。

わかさぎの南蛮漬けの揚げ方/レシピ

わかさぎを素揚げする揚げ油の温度は170℃の中温で、揚げる時間の目安は2〜3分です※少ない油にたくさんのわかさぎを入れると温度が下がってしまうので、揚げ油が少ない場合は2〜3回に分けて揚げるとよいです。

揚がったわかさぎは1尾ずつしっかりと油を切ってから取り出します。

わかさぎがまだ熱いうちに南蛮酢に漬け込みます。食べるのはどのタイミングでもOKです。すぐに食卓に出して食べても美味しいし、数時間以上漬け込んで南蛮酢とよくなじませても、どちらも美味しいです!

【補足】

  • 保存期間の目安は冷蔵庫で1週間です。冷蔵庫に入れるときは匂い移りを防ぐために、きっちり蓋やラップをしておきましょう。
  • 南蛮漬けは昆布だしを基本のだし汁としていますが、普通の昆布とかつおのだし汁でも美味しく作れます。昆布だしのほうが素材の風味がより活きやすく、かつおだしになるとかつおの風味も強いのでしっかりとしたうま味の南蛮漬けに仕上がります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ