おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

青梗菜の煮びたしのレシピ/作り方

青梗菜の煮びたしの写真

調理時間:10分以下※だし汁を取る時間を除く

青菜の中でも茎の太い青梗菜は、柔らかく火を通して煮びたしにすると美味しいです。

冷めても美味しいので、お弁当にも嬉しい1品になりますよ!もちろん熱々、出来立ても美味しいです。

このレシピのキーワード
チンゲン菜
油揚げ
煮びたし
お弁当

印刷する

青梗菜の煮びたしの材料 (2~3人分)

  • 青梗菜 … 250g(2株ほど)
  • 油揚げ … 小1枚
  • だし汁 … 200ml
  • 醤油(あれば薄口でも) … 小さじ5(25ml)
  • みりん … 小さじ5(25ml)

※だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなど、白ごはん.comのだしレシピも調理時間や材料に合わせて参考に。

スポンサーリンク

青梗菜の煮びたしの作り方

青梗菜の煮びたしの準備

青梗菜は、長さを半分に切って、はじめに葉と茎に分けます

茎は手でむき取るなどしてバラバラにし、大きければ縦に半分に切ります。

※このレシピでは、青梗菜250g(2株)を使用しました。チンゲン菜の大きさもまちまちで、大きなサイズなら1株で250gくらい、逆に小さければ3株ほど必要な場合も。大きさに合わせて準備してみてください。

油揚げは短冊に切ります。青梗菜はさっと洗って、茎と葉に分けておきます。

青梗菜の煮びたしのレシピ/作り方

鍋にAのだし汁200ml、醤油とみりん各小さじ5(大さじなら1と2/3)を合わて中火にかけます。

沸いたら、油揚げと青梗菜の茎を加えます。

箸でたまに上下を返しながら、3~4分煮て、青梗菜の茎にしっかり火を通します(しっかり沸いてきたら少し火を弱めて)。

青梗菜の茎に火が通れば、最後に葉を加えて火を通します

箸で上下を返しながら、1分~1分半ほど火を通せば出来上がりです。汁気たっぷりで器に盛り付けていただきましょう!

※冒頭の紹介文にも書きましたが、熱々でも、冷めても、どちらでも美味しいです。

【補足】

  • 茎にしっかり火を通すと、食べるときに煮びたしの出汁をしっかり含むので、美味しくなります。
  • 冷蔵庫で保存する場合は、作った翌日くらいに食べ切るとよいです。
  • 前日作ったものを弁当に入れるときは、汁気のある状態で一度レンジ加熱し、それをしっかり冷ましてから詰めるとよいと思います。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

  1. ホーム
  2. レシピ検索
  3. 青梗菜の煮びたしのレシピ/作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
チンゲン菜
油揚げ
煮びたし
お弁当

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

  • 白ごはん.com Channel
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com公式LINEアカウント
  • 白ごはん.com 公式ツイッター

洋食レシピランキング