おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

れんこんの煮物のレシピ/作り方

れんこんの煮物の写真

調理時間:30分以下※味を染み込ませる時間を除く

れんこんの形を崩さず、だし汁でじっくりと味を含ませるれんこんの煮物です。

『れんこんのおかか煮』といった手軽な煮物もありますが、それよりも味を丁寧に含ませる分、上品な仕上がりになります。

普段のおかずはもちろん、我が家のおせち料理の定番の煮物の一つでもあります。
【保存の目安:冷蔵で3〜4日ほど】

このレシピのキーワード
れんこん
おせち

印刷する

れんこんの煮物の材料 (2〜3人分)

  • れんこん … 400g
  • だし汁 … 500ml
  • 濃口醤油 … 大さじ3
  • みりん … 大さじ3
  • 砂糖 … 大さじ2と1/2~3(※)

※砂糖の分量に関しては好みで調整してみてください。

スポンサーリンク

れんこんの煮物の作り方

れんこんの煮物の作り方(下準備)

れんこんは皮をむいて少し厚めに切ります。1〜1.5㎝幅の輪切り、または半月切りにします。切った後は、炊く準備ができるまで水に一度つけておくくらいでOKです(特に酢を入れてあく抜きする必要はありません)。

鍋にれんこんの水気を切って入れ、そこにだし汁500mlを注ぎ入れます。

※おもてなしやおせちに使うときは特に、濃いめのだし汁で作るのがおすすめです(れんこんと鰹節がとても相性がよいため)。水に対して昆布1%、鰹節は2%くらいでだしを用意すると、とてもおいしく仕上がります。→昆布とかつおのだしの取り方へ

れんこんの煮物の作り方

鍋を中火にかけ、沸いてきたら火を少し弱めて5分ほど炊きます。それから分量の砂糖とみりんを先に加えます

※味の染み込みをよくするために、醤油は後から時間差をつけて入れます!

砂糖とみりんを加えたら5分ほど弱火で煮て、その後に醤油を加えてます。醤油を加えたら10分煮て、れんこんにしっかり火を通しつつ味を含ませます

10分後にはれんこんに火が通っているので、鍋を火から外します。一度しっかり冷まして味を染み込ませた後に食べることがポイントです!

おせちなどには冷めたまま盛り付け、普段のおかずであれば、もう一度好みで温めてから盛り付けるとよいです。冷蔵庫で3〜4日ほど日持ちします(目安として)。

【補足】

  • おせちやおもてなし用であれば、1度ではなく2度ほど“温める→冷ます”作業をするとより味が染み込んで美味しくなるので、ひと手間かけてぜひ作ってみてください。
  • おせち料理であれば、30日に炊いてから冷まし、31日に盛り付けるのがよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
れんこん
おせち

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ