おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

さつまいもの塩きんぴらのレシピ/作り方

さつまいもの塩きんぴらの写真

調理時間:20分以下

さつまいもをちょっと多めの油で炒めて、塩と砂糖などのシンプルな調味料で味付けします。単純な味付けだけど、後ひく味わいの塩きんぴらだと思います。

手早く切れる半月切りにした代わりに(フライパンの中で重なって少し火が通りにくくなるため)、蒸らす工程が入っています。ぜひお試しください。
【保存の目安:冷蔵で3日ほど】

このレシピのキーワード
お弁当
さつまいも
きんぴら

印刷する

さつまいもの塩きんぴらの材料 (作りやすい分量)

  • さつまいも … 300g(中1本ほど)
  • 黒炒りごま … 少々
  • サラダ油,なたね,米油などの植物油 … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 水 … 大さじ2
  • 塩 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

さつまいもの塩きんぴらの作り方

さつまいもの下ごしらえ

さつまいもは特に水にさらさずに、切ったあとにすぐに炒め始めるので、切る前に、大さじ1の油をフライパンに入れて弱火で加熱しておきます。

※油大さじ1は「油多いな」と思われるかもしれませんが、多めの油で炒めることでコクが出て美味しく仕上がります!

さつまいもは両端を切り落とし、皮ごと縦半分に切ります。それを端から5~6㎜幅の半月切りにします(太ければいちょう切りにしてもOK)。

※このレシピはさつまいも300gを基準としています。さつまいもは1本あたりの大きさにバラつきがあるので、必要に応じて調整してください。

さつまいもの塩きんぴらのレシピ

さつまいもをフライパンに入れたら中火にして、箸で混ぜたりフライパンを振ったりしながら3分炒めます

3分炒めて、さつまいも全体の表面におおよそ透明感が出てきたら、火を止めます。

Aの調味料(砂糖とみりん各大さじ1と1/2、水大さじ2、塩小さじ1/2)を加えます。

※水大さじ2を加えるのは、この後の工程で“蒸らし煮”をしてさつまいもにしっかり火を通すためです。

箸で軽く混ぜて調味料を少し溶かし、それから蓋をします。中火にかけ、沸いたら弱火に落とし、2分蒸らし煮にしましょう。

蓋を外して、最後は残った汁気を飛ばします。中火にかけ、フライパンを振りながら、底に汁気がなくなるまで炒めます

火を止めて、黒ごまを散らして出来上がりです。冷めたら保存容器に入れ、冷蔵保存してください。【保存の目安:冷蔵で3日ほど】

【補足】

  • さつまいもを水にさらさずに炒め始めるので、さつまいもによっては、出来上がった後(冷めてから)少し色がくすんで悪くなることがあります
  • ただ、これは醤油色をつけないきんぴらにありがちなことですし、作りやすさ優先の工程としています(油多めで炒めるため、水にさらした後に残った水気で油がはねても危ないですし!)。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
お弁当
さつまいも
きんぴら

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

冬レシピランキング