おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほたるいかとわけぎの酢みそ和えのレシピ/作り方

ほたるいかとわけぎの酢みそ和えの写真

調理時間:20分以下

春の時期に旬をむかえる、ほたるいか(ボイル)とわけぎを合わせて作る酢みそ和えのレシピです。

ボイルほたるいかを美味しく食べるにも、わけぎをゆでるのにも、どちらもポイントがあるので、ぜひ参考に作ってみてください

このレシピのキーワード
ねぎ
いか
みそ味

印刷する

ほたるいかとわけぎの酢みそ和えの材料 (3~4人分)

  • ボイルほたるいか … 100gほど
  • わけぎ … 1束(約100g)
  • みそ … 大さじ1.5~2(※)
  • 酢 … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1

※できあがり写真のような普通の米みそなら大さじ1と1/2を目安に、塩分の低い白みそなら大さじ2を目安に合わせてみてください。

スポンサーリンク

ほたるいかとわけぎの酢みそ和えの作り方

わけぎのゆで方

用意する具材はわけぎとボイルほたるいかが各100gほど。まず、わけぎはさっと洗って根っこ部分だけを切り落とします。

鍋に湯を沸かして塩を加え、根元側からわけぎをゆでます。わけぎの先を持って、根元の白い部分を熱湯に30秒ほど先に入れてゆでます(これは全体の火の通りを均一にするためです)。

※塩の分量は、水1Lに対してティースプーン山盛り1杯ほどが目安です。塩水でゆでることでわけぎ全体に塩気がうっすらと浸透して美味しく仕上がります。

30秒ほどで白い部分もくたっとしてくるので、そうなれば全体を落としてさらに30〜45秒ほどゆでます。全体を落とした後は、落し蓋をするか、なければ1〜2度上下を返すなどして、均一にゆでるようにするとよいです。

ゆであがったわけぎは箸で取り上げ、水につけずにざる上げし、そのまま冷まします(うちわなどで仰いで冷ませればいちばんです)。

ほたるいかの下処理とわけぎのぬめり取り

わけぎの粗熱が取れる間に、ほたるいかの下ごしらえをしておきましょう。ほたるいかは食べる時の食感が悪くならないよう、いくつか下ごしらえが必要です。

まず、必ずやったほうよいのはホタルイカの目を取り除くことです。骨抜きやピンセットを使って取ります。また、ホタルイカの足の付け根にある口も指で軽く押し出すようにして、同じく骨抜きなどで取り除くとより口当たりがよくなります。

※他にも軟甲(なんこう)と呼ばれる透明な骨のようなものも時間があれば下ごしらえするのもおすすめ。詳しくはほたるいかの炊き込みご飯で紹介しています。

わけぎにはぬめりが多く、このぬめりを軽く取り除くことで、食感や味わいがよくなります

冷めたわけぎをまな板に横におき、小指の側面あたりで根元から先に向かって軽くしごきます。そうするとわけぎの中からぬめりが出てきます。ぬめりを取り除いたわけぎは4〜5㎝幅に切っておきましょう。

※力を入れてギュッと強く押し付けてぬめりをすべて取り除くというよりは、ぬめり自体にもねぎの風味があるので、軽く取れる分を取り除いて食感をよくするくらいでOKだと思います。

ほたるいかとわけぎの酢みそ和えのレシピ/仕上げ

ボウルにAの調味料(みそ大さじ1.5~2、酢大さじ1、砂糖大さじ1)を混ぜ合わせて酢みそを作ります。ぬめりを取ったわけぎ、ほたるいかを和えて完成です。

※みそは家庭にあるみそでOKですが、塩分の低い白みそならみそ大さじ2、普通のみそなら大さじ1.5を目安に合わせてみてください。最後に味見をして、塩気が足りなければみそや塩を少量足し入れて調整するとよいです。

【補足】

  • ここにうどを短冊に切って加えても香りがぐっとよくなります(うどは切ったら酢水につけ、水気を切って生のまま和えます)。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ねぎ
いか
みそ味

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏レシピランキング