おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ふきの煮物(炒め煮)のレシピ/作り方

ふきの炒り煮の写真

調理時間:20分以下

このレシピを動画でみる

ふきの下ごしらえは『ふきのゆで方/下処理』で紹介していますが、そのふきを使ってどんな料理を作ろうか?と思った時に、真っ先に思い浮かぶのがこの『ふきの炒り煮』です。

ふきの強い風味に合わせるのは、“ごま油”と“唐辛子”。少し甘辛くして、ごはんに合う味付けにしましょう!
【保存の目安:冷蔵で3~4日ほど】

このレシピのキーワード
ふき
お弁当
お酒のつまみ
春野菜

印刷する

ふきの煮物(炒め煮)の材料 (2〜3人分)

  • ふき(ゆでたもの) … 200g
  • 赤唐辛子 … 1本
  • ごま油 … 小さじ1
  • サラダ油,米油,菜種油など … 小さじ2
  • だし汁 … 150ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

ふきの煮物(炒め煮)の作り方

ふきの下ごしらえ

ふきは大きな鍋やフライパンの幅に合わせて切り、大さじ1ほどの塩をまぶして板ずりをしてからゆでます。ゆで時間は3~5分です。

ゆでた後は両側から筋取りをして、水に浸けて冷蔵保存して料理に使えるようになります。→詳しいゆで時間や筋の取り方については『ふきのゆで方』を参照ください。

ふきの煮物のレシピ/作り方

下ごしらえしたふきはしっかりと水気を切って、4〜5cm幅に切ります。また、赤唐辛子は種を取り除いておきます。

鍋にAのごま油小さじ1とサラダ油等小さじ2を入れて中火にかけ、油が熱くなったらふきと唐辛子を加えます。

さっと全体を炒めて、油がなじんだらBのだし汁150mlと調味料(醤油、みりん、酒を各大さじ1と1/2、砂糖大さじ1/2)を加えます。

中火より少し弱めの火加減で、10分ほどくつくつと煮てください

※醤油は薄口醤油で作ると上の写真のような仕上がりに、濃口醤油だともう少し濃い色合いになります。

だんだんと煮汁が少なくなり、下の写真くらい(鍋底にうっすら煮汁が残るほど)まで煮詰めたら火を止めてできあがりです。

【ふきの下ごしらえ部分の動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特にこのレシピで使用する「ゆでたふき」には、皮をむく作業が欠かせないので、その部分など、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • 日持ちは冷蔵庫で3~4日ほどです。ごはんにもお酒にもぴったりなので、わが家ではすぐになくなってしまうことから2倍量で作ることが多いです。その場合は煮る時間を長く取り、煮汁を同じくらいになるまで煮詰めてください。
  • ごま油のコクは欲しいのですが、多すぎるとふきの風味のじゃまをするので、ごま油小さじ1、サラダ油小さじ2くらいがいいバランスだと思っての割合です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ふき
お弁当
お酒のつまみ
春野菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

初夏レシピランキング