おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ふきのおひたしのレシピ/作り方

ふきのお浸しの写真

調理時間:20分以下

このレシピを動画でみる

ふきのおひたしはかつお節をかけてそのまま食べても美味しいですし、たけのこや乾物などの煮物の青みとして合わせても、彩り、食感、風味どれも特徴的で煮物を引き立ててくれます。

ふきを下茹でしたものは、食感や風味も落ちにくいので、ふきのおひたしは2~3日ほど冷蔵庫で保存可能です。

このレシピのキーワード
ふき
春野菜
おひたし

印刷する

ふきのおひたしの材料 (3~4人分)

  • ふき(ゆでたもの) … 200g
  • かつお削り節 … 適宜
  • だし汁 … 250ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/3
  • みりん … 大さじ2(※煮切って使用)
  • 塩 … 小さじ1/2

※みりんはレンジで煮切って使うとよいです。下のレシピに詳しくまとめています。また、だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

ふきのおひたし

ふきの下ごしらえをする

ふきは大きな鍋やフライパンの幅に合わせて切り、大さじ1ほどの塩をまぶして板ずりをしてからゆでます。ゆで時間は3~5分です。

ゆでた後は両側から筋取りをして、水に浸けて冷蔵保存して料理に使えるようになります。

※詳しいゆで時間や筋の取り方については『ふきのゆで方』を参照ください。

ふきのおひたしのレシピ/作り方

下ゆでしたふきを取り出して、おひたしが水っぽくならないように、ふきの穴に入った水、表面の水気をタオルやキッチンペーパーでふき取ります

次にふきを4~5㎝ほどの食べやすい長さに切りそろえます。

※下ごしらえの段階の皮むきでふきの両端が崩れていると思うので、そこは好みで切り落としても見た目がそろってきれいになります。

切ったふきを容器に入れて、Aの調味料を容器で合わせて注ぎ入れます。※みりんだけは大さじ2を耐熱の器に入れて600Wで1分ほど加熱して煮切ってから合わせるとよいです。

1~2時間以上冷蔵庫で味をなじませ、器に盛り付けたら煮汁をたっぷりかけていただきます。好みでかつお節をかけても美味しいです。【汁に浸かった状態で、保存の目安は冷蔵庫で2~3日】

【ふきの下ごしらえの動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特にこのレシピで使用する「ゆでたふき」には、皮をむく作業が欠かせないので、その部分など、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • 写真は薄口醤油を使って作っています。濃口醤油で作ると少しだけ仕上がりの色合いが濃くなります。
  • 「高野豆腐の煮物」「たけのこの煮物」などの煮物に合わせたり、「ちらし寿司」の青みに使っても美味しいです(寿司に使う場合はさらに斜め切りにするとよいです)。

ふきの甘辛煮は最高のご飯のお供!

ごま油と唐辛子をきかせて、ごはんに合う味付けに甘辛く煮つけます!クセになる味わいです。「ふきの炒り煮の作り方」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ふき
春野菜
おひたし

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ