おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

菜の花とじゃこの卵ぞうすいのレシピ/作り方

菜の花とじゃこの卵ぞうすいの写真

調理時間:20分以下

菜の花、卵、じゃこを合わせた彩りのよい雑炊レシピです。菜の花のゆで汁にはほんのり甘みやうま味が出るので、だし汁いらずでも美味しく作ることができます。

春の訪れを感じさせてくれる菜の花が旬の時期は、まだまだ寒い時期でもありますのでぜひ雑炊で楽しんでみてください!

*このレシピはscope(スコープ)さんでの連載コラム「旬、シュ瞬!」のレシピ部分をまとめたものです。
連載コラム「旬、シュ瞬!」へ

*器や道具類も合わせてぜひチェックしてみてください(下の補足にまとめています)。

このレシピのキーワード
scope連載レシピ
菜の花
ちりめんじゃこ
油あげ
ぞうすい

印刷する

菜の花とじゃこの卵ぞうすいの材料 (2~3人分)

  • 菜の花 … 100gほど
  • ちりめんじゃこ … 20g
  • 油あげ … 1/2枚
  • 卵 … 2個
  • あたたかいごはん … 茶碗軽く2杯分(250gほど)
  • 醬油 … 小さじ2
  • みりん … 小さじ2
  • 塩 … 小さじ1/3ほど

スポンサーリンク

菜の花とじゃこの卵ぞうすいの作り方

菜の花ぞうすいの下ごしらえ

この雑炊はたっぷりの菜の花、ちりめんじゃこ、油揚げ、卵を使います(火にかけるので柔らかいしらすよりも、少し乾燥したちりめんじゃこがおすすめです)。

菜の花は2㎝幅ほどに切ります(穂先だけはバラバラになるので切らないようにして)。油揚げは細めの短冊に切ります。

※温かいごはんは好みで“ざるに入れてさっと洗う”とさらりとした仕上がりになります。ごはんを洗うことに関しては、「野菜ぞうすい」に詳しくまとめていますので参考に。

菜の花ぞうすいの仕上げ

具材の準備ができたら鍋に水600mlを入れて火にかけます。沸いてきたら油あげとじゃこを入れます。

続けてAの調味料を入れて味付けをして、ごはんを入れてほぐします。

ごはんがだまにならないように、お玉で混ぜ合わせ、再び沸いてきたら菜の花を加えます。

全体をさっくりと混ぜ合わせれば、菜の花の色が変わってすぐに火が通ります(※菜の花は茎の太さのわりにすぐに火が通るので火のかけすぎは要注意です!)。

再沸騰してきたら火を弱め、溶いた卵を全体にまわし入れます。ひと呼吸置いてから底からやさしく混ぜ合わせれば完成です。

【補足】

  • このレシピは【だし汁なし】で作っています。なのでやさしい味わいに仕上がります。うま味をしっかりきかせたい場合は、だし汁を使ったり、めんつゆなどを少量足し入れたりしてみてください。
  • 連載コラムでは菜の花料理についても詳しく書かせていただきました。連載コラム「旬、シュ瞬!」へ
  • 「伊賀の土鍋(東屋)」「とり鉢(東屋)」を使っています。
  • scopeさんのチラシやWEBでは、イラストレーターのこやまこいこさんに挿絵を描いていただいています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング