おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なめこ雑炊のレシピ/作り方

なめこ雑炊の写真

調理時間:10分以下

なめこ雑炊は、なめこのつるんとした食感を楽しみたいので、生姜はしぼり汁にしてさらりと仕上げ、やわらかい細ねぎを刻んで加えるとよいです。

ほのかに生姜の風味が香る、体もあたたまる雑炊ですので、寒い時期にぜひお試しください!

このレシピのキーワード
なめこ
きのこ

印刷する

なめこ雑炊の材料(2〜3人分)

  • なめこ … 1袋
  • あたたかいご飯 … 茶碗2杯分(300gほど)
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • 薬味ねぎ … 1〜2本分
  • だし汁 … 500ml
  • しょうゆ … 大さじ1
  • 塩 … 1〜2つまみ
  • 砂糖 … 1つまみ(好みで)

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

なめこ雑炊の作り方

なめこ雑炊の具材の下ごしらえ

なめこ雑炊はシンプルに「なめこの食感や味」を楽しみたいので、具材はなめこのみにして薬味を少しプラスするくらいがおすすめです。

ぜひ入れてほしいのが生姜のしぼり汁。生の生姜をすりおろし、しぼって雑炊に加えるのですが、生姜の風味がなめこの味を引き立て、食欲そそる味わいに仕上がります。また、ねぎは繊維のしっかりした太いものより、やわらかい細ねぎを小口切りにしたほうが馴染みやすいです。

※生姜のしぼり汁は皮ごとすりおろし、上のようにキッチンペーパーなどに包んでしぼると、しっかりしぼり切ることができます。

それから、本格的な雑炊の下ごしらえに「あたたかいごはんを流水で洗ってぬめりを取る」というやり方があります。

これはごはんの余分なぬめりを洗い落して、さらっとした雑炊に仕上げるためなのですが、こちらもぜひ一度やってみてください。写真左のような手つきで、流水に当てながらごはんを10秒ほど混ぜながら洗えばOKです。

※ごはんは冷たい状態で洗うのではなく、温かい状態のものを洗うとよいです(そのほうがぬめりが取れるので)。もしごはんを洗わずに作る場合は、粘りが出やすいのでごはんの分量を少し少なめにするとよいです。

なめこ雑炊のレシピ/作り方

鍋にだし汁を入れて中火にかけ、沸いたらしっかり水気を切ったごはんを加えます。火を少し弱め、再沸騰してごはんが温まればさっと洗ったなめこを加えます。

なめこに軽く火が通れば、しょうゆ、塩ひとつまみ、生姜のしぼり汁を加えます。

味を見て、少し物足りなければ、追加で塩ひとつまみ、砂糖ひとつまみくらいを目安に調整してください。最後に刻みねぎを加えて混ぜ合わせます。

あとは器に盛り付け、温かいうちにいただきましょう!ひと手間かけてさらりと仕上げた雑炊の中に、なめこのつるんとした食感が楽しめる、美味しい雑炊になっているはずです。

【補足】

  • なめこは洗ったほうがいいのか??→「なめこのみそ汁」の後半で詳しく紹介しています。メーカーに聞いた所、「水洗い」は推奨で「火を入れる」のは絶対に、といった返答でした。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4〜5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ