おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

めかぶと納豆のねばねば丼ぶりのレシピ/作り方

めかぶ丼ぶりの写真

調理時間:20分以下

ゆでためかぶに同じくねばねば食材の納豆を合わせ、しらすでうま味をプラスする、手軽で美味しい丼ぶりレシピです。

めかぶはゆでて冷凍すると1~2か月保存可能なので、しらすと合わせて冷凍しておけば、あとは納豆さえあれば作れます!

このレシピのキーワード
めかぶ
海藻
ねばねば
納豆
しらす
わかめ

印刷する

めかぶと納豆のねばねば丼ぶりの材料 (3〜4人分)

  • 生のめかぶ … 150~200g
  • 納豆 … 1~2パック
  • しらす … 15gほど
  • 醤油 … 適量
  • 温かいご飯 … 適量

スポンサーリンク

めかぶと納豆のねばねば丼ぶりの作り方

めかぶのゆで方

買ってきためかぶは、「めかぶのゆで方」を参考にゆでてください(詳しい工程を省いたものを下に簡単にまとめます)

めかぶは洗ってから茎とひだの部分に切り分け、茎は縦半分に切って1分半ほどゆでて冷水にとります。

やわらかいひだの部分はゆでる前に刻んでざるに入れます。茎をゆでたお湯を再沸騰させて15秒ほどゆでて色が変わればざる上げして冷蔵庫で冷やします。

先にゆでておいた茎の部分は少し硬いので、包丁で細かく刻んで、後からゆでたひだの部分を混ぜ合わせて丼ぶりに使います。

「めかぶのゆで方」のページには、より簡単にひだ部分も茎もまとめてゆでてフードプロセッサーにかける手軽な方法も紹介しています。

めかぶ丼ぶりの材料と作り方

ゆでためかぶが準備できたら、納豆やゆでオクラなどの粘りの出るもの、ちりめんじゃこや焼きのりなどのご飯に合うもの、刻みねぎなどの薬味などを合わせて丼ぶりにするのがおすすめです!

作り方は各材料を混ぜるだけ(今回はめかぶ、納豆、しらすの組み合わせで作ります)。まず納豆をボウルの中で混ぜて粘りを出し、ゆでためかぶとしらすを加えます。めかぶやしらすの塩気を確認して、最後に醤油で味付けするとよいです。

【補足】

  • めかぶはもちろん小分けパックの市販品でもOKです。その場合はめかぶの量も少なくなるので納豆やしらす、ゆでオクラ、その他薬味などで増量して作ると美味しく仕上がると思います。
  • ちなみに、めかぶはわかめの根元の部分です。ですので実は食材としては「わかめ=めかぶ」。キーワードに「わかめ」も記載しているのはそういうことなのです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
めかぶ
海藻
ねばねば
納豆
しらす
わかめ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング