おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

やさしい味のピラフ風『洋風豆ごはん』のレシピ

洋風豆ごはんの写真

調理時間:20分以下※浸水や炊く時間を除く

生のえんどう豆が出回る時期に、ぜひ作ってみてほしいのが、えんどう豆にベーコン&にんじんを加えて炊く、ピラフ風の炊き込みご飯です。

炒めたり、コンソメを使ったりしないので、やさしい味わいに仕上がります。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
グリーンピース
お弁当
にんじん
ベーコン

印刷する

ピラフ風洋風豆ごはんの材料 (2合分)

  • 米 … 2合
  • えんどう豆 … さや付きで100g(正味約50g)
  • ベーコン … 30g
  • にんじん … 1/4本
  • 醤油 … 小さじ1と1/2
  • みりん … 小さじ1と1/2
  • 塩 … 小さじ1/2強

スポンサーリンク

ピラフ風洋風豆ごはんの作り方

ピラフ風洋風豆ごはんの下ごしらえ

はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます

※浸水させる時間がなく、浸水なしでそのまま炊くなら『炊き込みごはんコース』で。ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。

えんどう豆は炊く前にさっと洗って水気を切っておき、ベーコンとにんじんは粗みじん切りにします。

豆ごはんの炊き方/レシピ

米が浸水できてから、Aの調味料(醤油とみりん各小さじ1と1/2、塩小さじ1/2強)を加えてやさしく混ぜ溶かします。※浸水は、米が水を吸って下のように米が真っ白になればOK。

えんどう豆、ベーコン、にんじんを上に広げて炊飯します。※浸水しているので普通コースの炊飯でOKです

ごはんが炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

※好みで、盛り付けてからコショウや粗びき黒コショウをふりかけても。

【補足】

  • 具材が少ないシンプルな炊き込みご飯なので、えんどう豆(グリーンピース)は冷凍ではなく、生のものを使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
グリーンピース
お弁当
にんじん
ベーコン

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

初夏レシピランキング