おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

バター醤油のグリーンピース混ぜご飯のレシピ

バター醤油の豆の混ぜご飯の写真

調理時間:10分以下※混ぜご飯のみの調理時間で

一見すると豆ごはんですが、炒めた豆(グリーンピース)と白ごはんをフライパンの中で混ぜて仕上げる、バター醤油味の混ぜご飯です。

※フライパンで簡単な炒め物を作るとよいので【ワンプレートご飯】に仕上げています。混ぜご飯の作り方は工程②からスタートです。

※このレシピはscope(スコープ)さんでの連載コラム「旬、シュ瞬!」のレシピ部分をまとめたもの。
連載コラム「旬、シュ瞬!」へ

このレシピのキーワード
グリーンピース
お弁当
春野菜
じゃが芋

印刷する

グリーンピース混ぜご飯の材料 (2人分)

【混ぜご飯の材料】
  • 生の実えんどう(グリーンピース)…50g(※)
  • 温かいご飯 … 茶碗2杯分
  • バター(有塩でOK) … 10g
  • 塩 … ひとつまみ
  • 醤油 … 小さじ1強
  • ※えんどう豆は、さや付き100gほどで正味50gほどの実になります。

【ワンプレートおかずの材料】
  • ウィンナー … 6本
  • 新じゃが … 1個
  • ゆで卵 … 2個
  • 炒める用の油 … 小さじ1
  • 盛り付け時のケチャップ … 適量

スポンサーリンク

バター醤油のグリーンピース混ぜご飯の作り方

付け合わせのおかずから

※フライパンで炒め物も一緒に作るとよいので、混ぜご飯の前に炒めて作るおかずから紹介します(混ぜご飯だけ作る場合はスルーしてください)。

まず、炒める具材を用意します。ここではウィンナーと新じゃがを合わせます(生のグリーンピースと新じゃがは旬の時期が重なるので)。

新じゃがはよく洗って皮ごと1~1.5㎝厚ほどのくし切りにします(普通のじゃが芋の場合は皮をむいてからくし切りにしてください)。

フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、熱くなれば弱火にしてウィンナーと新じゃがをじっくり炒めます。

じゃが芋にしっかりと火が通れば器に取り出します。食べる時にケチャップを添えるので、特にここでは塩などはふりません(後でそのままフライパンを使うことも考慮して)。

※じゃが芋の厚みにもよりますが、じっくり7~8分くらい炒めれば火が通ると思います。急いでいる場合は、事前にじゃが芋だけをレンジで軽く加熱したり、炒める時に蒸らし炒めにするなどにするとよいです。

バター醤油のグリーンピース混ぜご飯のレシピ

ここからは【グリーンピースの混ぜご飯のレシピ】です。味付けは塩、バター、醤油です。

(上からの続きで…)くっつきやすいフライパンなら油を少しだけ足し入れて中火にかけ、熱くなれば弱火にしてグリーンピースを入れます。

2分ほど炒めてグリーンピースに火を通したら、バターを加え、塩ひとつまみで下味をつけます。バターが溶けて全体にからまれば、フライパンを火から外します

温かいご飯を加えるのは、火から外したフライパンの中で。茶碗2杯の温かいご飯に、醤油小さじ1強をまわしかけ、しゃもじでざっざっと、粗く混ぜます。

【ご飯は炒めず、決して均一に混ぜず!】という、まだらな感じが美味しいと思うので、混ぜすぎないくらいでOKです。

あとは先に盛り付けておいたお皿に混ぜご飯を盛り付け、じゃが芋の横に好みでケチャップを。添えるおかずにゆで卵をそえたりすれば、ワンプレートの完成度も高くなると思います。

【補足】

  • 好みで混ぜご飯の仕上げに粗びき黒こしょうを振りかけても。
  • このレシピは【生の実えんどう(グリーンピース)】を使うレシピにしています。冷凍グリーンピースだと香りや食感が生のものよりも弱くなるので、かなり仕上がりが変わってきます(生だからこそグリーンピースのみを具にして美味しいと思います)。
  • 添えもののウィンナーの代わりにはベーコンや厚切りハム、じゃが芋の代わりには人参や蓮根などの根菜、きのこ類やかぶ、ブロッコリーなどでも。
  • 連載コラムもぜひご覧ください。連載コラム「旬、シュ瞬!」へ
  • 「フライパン(木屋)」「アラビアカラーズ(黄色の楕円皿)」を使っています。
  • scopeさんのチラシやWEBでは、イラストレーターのこやまこいこさんに挿絵を描いていただいています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
グリーンピース
お弁当
春野菜
じゃが芋

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ!