おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

みょうがとツナの混ぜご飯のレシピ

みょうがとツナの混ぜご飯の写真

調理時間:10分以下

香りと食感のよいみょうがをたっぷりと使った混ぜご飯レシピです。

みょうがには、香りの強いもの同士、ツナを合わせるのが作りやすさもあっておすすめです。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
みょうが
薬味
缶詰

印刷する

みょうがとツナの混ぜご飯の材料 (2人分)

  • 温かいごはん … 茶碗2杯分(約300g)
  • みょうが … 1~2個(※)
  • ツナ缶(小) … 1缶(70g)
  • 薬味ねぎ … あれば1~2本分
  • 白いりごま … 小さじ1/2ほど
  • 醤油 … 小さじ1
  • こしょう … 少々

※みょうがは1個でも十分ですが、好みでたっぷり2個分使っても。

スポンサーリンク

みょうがとツナの混ぜご飯のレシピ

薬味やツナ缶の下ごしらえ

みょうがとツナ缶を合わせて作る混ぜご飯です。たっぷりの薬味とツナ缶の風味やオイルがバランスよくまとまってくれます。

ツナ缶の下ごしらえとしては、写真のように上から蓋でギュッと押さえて出てくる余分な油を捨てておきます(オイルが多いと油っこくなってべちゃつくので)。

薬味のみょうがは小口切りにします。特にアクなどはないですが、水に入れて箸でさっと軽くほぐし、すぐにざる上げします

※その他の薬味としては、薬味ねぎを刻んだものと白いりごまを今回は合わせますが、大葉や生姜のせん切りを合わせても風味よく仕上がります。

※存在感のあるみょうがをメインに、後は用意できるもので作るくらいの気持ちで薬味を組み合わせてみてください。

みょうがとツナの混ぜご飯のレシピ/仕上げ

薬味が準備できたら、ボウルに温かいごはんを入れて、はじめに油を切ったツナを入れます。そこに醤油小さじ1、こしょう少々を加えます。

薬味を入れる前にさっくりと全体を混ぜ合わせ、まんべんなくツナと調味料がごはんに混ざったら、水気を切った薬味類を加えます(ここではみょうが、刻みねぎ、ごま)。

最後に薬味とごはんをさっと混ぜ合わせれば完成です。

【補足】

  • 今回は手軽にツナ缶を使いましたが、アジやかますなどの干物を焼いて身をほぐし、ツナの代わりに合わせても美味しいです。
  • 今回はみょうがを小口切りにしました。好みでせん切りにしてもOKです。「みょうがの切り方」に詳しくまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
みょうが
薬味
缶詰

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ