おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

あさりとたっぷり野菜のクラムチャウダーのレシピ

クラムチャウダーの写真

調理時間:30分以下

クラムチャウダーは、あさりの旨みと、野菜や牛乳の味わいがギュッとつまったスープ。具材たっぷりなので、特にコンソメなど入れなくても美味しくできあがるのが嬉しいところ。

白ごはん.comのレシピでは比較的あっさりめな仕上がりに。あさりや野菜の火の通し方にポイントがあるので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
あさり
牛乳
にんじん
玉ねぎ
じゃが芋
しめじ
ベーコン

印刷する

クラムチャウダーの材料 (3~4人分)

  • あさり … 250g
  • じゃが芋 … 1個
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • にんじん … 1/3本
  • しめじ(またはえのき茸) … 100g
  • ベーコン … 30g
  • にんにく … 1/2かけ
  • バター … 15g(大さじ1強ほど)
  • 酒 … 大さじ3
  • 牛乳 … 250ml
  • 塩 … 小さじ1/2
  • こしょう … 少々

スポンサーリンク

クラムチャウダーの作り方

クラムチャウダーの準備

買ってきたあさりは砂抜きをしておきます(→「あさりの下ごしらえ」も参考に)。

玉ねぎは1㎝四方に切り、にんじんはそれより少し小さい7~8㎜角ほどに切ります。

じゃが芋は1㎝角に切り、きのこ類はしめじでもえのき茸でもいいのですが、どちらも石づきを切り落とします。

しめじなら軽くほぐし、えのき茸なら2㎝幅に切っておきましょう。ベーコンは5㎜幅に、にんにくはみじん切りにします。

※野菜の中ではじゃが芋多めがおすすめです。牛乳と相性がよく、じっくり火を通すことで仕上がりに軽いとろみも出てくれます。男爵でもメイクイーンでもあるもので作ってみてください。

クラムチャウダーのレシピ/作り方

クラムチャウダーを作るのには、スープを作る鍋と野菜を炒めるフライパンをそれぞれ使い分けると便利だと思います。

まずはじめに、貝同士をこすり合わせ、流水であさりを洗ってから鍋に入れ、そこに水200mlと酒大さじ3を合わせます。

中火にかけて蓋をして、すべてのあさりの口が開くまで火にかけ(沸いたら少し火を弱めるとよいです)、あさりに火を通しつつ、スープをとります

同時にフライパンで野菜を炒めます。フライパンを中火で熱し、バターを入れて切った具材をすべて加えて炒めます。

具材を炒めるのは、バターやベーコンの脂に野菜やにんにくの風味を移すためで、仕上がりのスープの味わいがよくなると思います。

3~4分炒めて、じゃが芋などの大きな野菜に透明感が出てくればOKです(後から煮るので完全に火を通す必要はありません)。

具材を炒める途中でも、あさりの口が開いたらお皿やバットに取り出しておきましょう(火を通しすぎるとあさりの身が硬くなるため)。

炒め終われば、あさりの出汁がでたスープに具材をすべて加え、中火にかけます。

もしアクが出たら取り除き、沸いたら火を少し落として4~5分かけてじっくり具材に火を通します

じゃが芋やにんじんなどの根菜にしっかりと火が通れば、ここで牛乳ときのこを投入します。

再び中火にして沸くのを待ち、沸いたら火を弱めてきのこに火を通します。その間に塩小さじ1/2とこしょう少々で味付けをします。

最後にあさりを戻し入れます。殻を取り除いて入れると食べやすいですが、好みで殻ごと加えても、どちらでもOKです。

あさりが温まるまで火にかけ、最後に塩気を味見をして確認して(必要があれば塩少々を足し入れて)、できあがりです。

※殻ごとあさりを入れると、具材のカサが増すので、かなり具だくさんな見た目になると思います。ぜひ具材たっぷりで盛り付けてください。

【補足】

  • 汁気に対してあさりの分量が変わる時は、あさりから出る塩気も変わってくるので、加える塩の量に気をつけてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング