おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ごはんがすすむ!炒り豆腐のレシピ/作り方

炒り豆腐の写真

調理時間:30分以下※干し椎茸を戻す時間を除く

普通の木綿豆腐を使い、これだけごはんがすすむおかずに仕上がるって、なかなかないと思います!

子供にも人気のおかずで、だしも使わない手軽なレシピ。ぜひお試しください。
【保存の目安:冷蔵で3日ほど】

このレシピのキーワード
子供が喜ぶ料理(アンケート上位)
豆腐
鶏肉
干し椎茸
にんじん

印刷する

炒り豆腐の材料 (2~3人分)

  • 木綿豆腐 … 1丁(約350g)
  • 鶏もも肉 … 100g(※)
  • にんじん … 1/2本
  • 干し椎茸 … 中サイズ2個
  • 卵 … 1個
  • 薬味ねぎ … 1本分
  • ごま油 … 大さじ1
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ2
  • 干し椎茸もどし汁 … 大さじ2ほど

※鶏もも肉は“炊き込みご飯用”などの細かく切られたものでもOKです。また、鶏肉の代わりにちくわを輪切りにして加えても美味しいです。

スポンサーリンク

ごはんがすすむ!炒り豆腐の作り方

炒り豆腐の材料の下ごしらえ

炒り豆腐の材料は、『木綿豆腐、鶏肉、にんじん、干し椎茸、卵』です。薬味として、刻みねぎもあると色どりと風味が良くなります。

いちばんはじめの準備は、数時間前から干し椎茸を水に浸して戻しておくこと。しっかり芯まで戻しましょう。

戻った干し椎茸は水気をしぼって軸を落とし、薄切りに(戻し汁は味付けで使います)、にんじんは3~4㎝長さの棒状に切ります。

※鶏肉はもも肉がおすすめ。カットされたものを用意するか、自分で皮ごと1cm角ほどに切っておきます。

また、木綿豆腐は炒める前に下ごしらえが必要です。鍋に熱湯を沸かして塩小さじ1(分量外)を入れ、豆腐を手で割り入れて、芯まで熱くなる程度(2分ほど)ゆでます。

ゆでた豆腐はすくい取って、キッチンペーパーや布巾を広げたざるに広げます。

こうすることで、木綿豆腐の余分な水分が抜け、食感がよくなります。また、塩味もついて仕上がりの味にメリハリがつきます

※下ごしらえとして、ざるに広げておくだけでも十分ですが、上のように粗熱が取れてから、豆腐を包むように軽く水分を吸い出すと完璧です。

炒り豆腐のレシピ/作り方

コクも風味も強いごま油大さじ1を鍋に入れて中火で熱し、はじめににんじんだけを1~2分炒めて軽く火を通します

続けて鶏肉を入れ、全体の色が変わってくれば干し椎茸を加えます。ここで、塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。

※炒り豆腐は汁気が少ない状態で仕上げていくため、はじめの炒める段階でにんじんに火を通しておかないと、硬いまま仕上がることがあるので要注意です。

続けて、豆腐を加え、ヘラなどを使って豆腐を軽くつぶしながら炒め合わせます。

Aの調味料(醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1、砂糖小さじ2、椎茸の戻し汁大さじ2ほどを加え、弱めの中火で軽く汁気を煮詰めます。

3~4分煮て煮汁が少し減ってきたら、溶き卵を加えます。全体にまわしかけ、ヘラで底から混ぜ合わせます。

卵が固まってきたら火を弱め、(好みで)刻みねぎを加えて出来上がりです!最後に味見をして、塩気が足りなければ塩少々で調整してください。

【補足】

  • 新しい豆腐を使えば冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。
  • 鶏肉をちくわに置き換えしても、あっさりとした仕上がりで美味しいです。また、豆腐に合わせる他の具材は、鶏ひき肉、かまぼこ、しめじやえのき茸などでも。
  • 薬味ねぎがなければ、絹さややいんげん、かぶや大根の葉をゆでて刻んだものでも美味しいです。
  • 上の仕上がりの写真は、薄口醤油で作ったもの。濃口醤油を使うともう少し茶色に仕上がります。
  • 食卓に出すときは冷たいままでもいいですし、好みで再度温めても。弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。
  • レシピ更新情報:スマートフォン閲覧時の用に写真を大きく変更し、文章もリライトしました(2021.7)

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜レシピランキング