おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

メーカーいらずで簡単!ホットサンド(カレー味)のレシピ/作り方

カレー味のホットサンドの写真

調理時間:10分以下※常備菜のストックを使う場合

白ごはん.comの人気の常備菜「カレーそぼろ」を使ったホットサンドが美味しくて、あまりにもおすすめなので、ごはんじゃなくてパンだけど、白ごはん.comで紹介しようと思いました。

ホットサンドメーカーを使わず、包丁で口を閉じる方法を紹介しています。口を閉じた後はオーブントースターで焼くだけ。朝ごはんやおやつにぜひ!

このレシピのキーワード
朝ごはん
カレー
常備菜

印刷する

カレー味のホットサンドの材料(作りやすい分量で)

  • サンドイッチ用のうす切り食パン … 適量
  • カレーそぼろとマヨネーズ … レシピ参照

※それぞれレシピ工程の中で詳しく紹介しています

スポンサーリンク

カレー味のホットサンドの作り方

カレーそぼろの下準備

カレーそぼろは、合いびき、豚、鶏、どのひき肉で作っても美味しくでき、日持ちも冷蔵4~5日、冷凍でも長期保存可能なので、白ごはん.comの中でもおすすめの常備菜です。

これさえストックさえしておけば、ホットサンドが5分かからずできちゃいます!※詳しい作り方は「カレーそぼろ」を参考に!

カレー味のホットサンドの作り方/レシピ

まず、用意するものの紹介です。材料はカレーそぼろ、マヨネーズ、食パンの3つです。

注意が必要なのが食パン。おすすめはサンドイッチ用に耳がカットされた薄切り食パンです。

※ホットサンドメーカーを使わず、包丁で口を押えて閉じるやり方なので、食パン自体のしっとり感が大事です(しっとりしていた方がくっつきやすいため)。サンドイッチ用のパンは通常の食パンよりも密封されて売られているので、よりしっとり感が残っています。

はじめに、まな板の上に食パンを並べ、マヨネーズを中央にのばします。その上にカレーそぼろをカレースプーン1杯半くらいのせます(下の写真も参考に)。

この時に、注意すべき点は食パンの縁(ふち)は口を閉じるときに食パン同士を合わせるので、1.5~2㎝ほど開けておくということです。

口の閉じ方はとってもシンプルです。包丁の背側(切れない側)の平らな面で、閉じる部分1㎝ほどを上からギュッと強く押さえるというやり方。

ギュッと抑えると抑えた縁(ふち)がぺたんこになって、食パン同士がくっついてくれます。これを4辺行って、すべての縁を閉じ、オーブントースターでこんがりと焼けばOKです。

焼き上がったら、半分に切るなどして、盛り付ければ完成です。おやつや朝ごはんにどうぞ!

【補足】

  • サンドイッチ用の食パンが用意できない場合は、できるだけできたての10~12枚切りの食パンを使い、はじめに耳をカットしてから、同じように作ってみてください。
  • カレーそぼろ自体がごはんのお供なので、少し甘辛い味付けです。なので、食パンの具として詰めすぎは味が濃くなるのでNGです。写真の分量も参考にしつつ作ってみてください。
  • 食パンのしっとり感によっては、くっつきづらいものもありますが、市販のサンドイッチ用のパンや、パン屋さんのできたてのパンを使えば、8~9割方うまくいくと思います。
  • ギュッとしっかり包丁の背側で強く押さえることが大切なのですが、うまくくっつかなかったらすいません…。そんな最悪の場合は、とりあえずそのままオーブントースターで焼きましょう(中央に具をのせてあるので、こぼれることはありませんので)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ