おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

レンジで手軽に!ごぼうサラダのレシピ/作り方

ごぼうサラダの写真

調理時間:20分以下※冷ます時間も含めて

ごぼうはせん切りなどにせずに、加熱方法もレンジで手軽に。そんな作りやすいごぼうサラダを目指しました。

下味のつけ方や、レンジでの加熱時間、出てきた水分の処理などポイントもいくつかあるので、ぜひチェックしてみて作ってみてください。
【保存の目安:冷蔵で2~3日ほど】

このレシピのキーワード
ごぼう
サラダ
マヨネーズ
火を使わない
お弁当

印刷する

ごぼうサラダの材料 (作りやすい分量)

  • ごぼう … 1本(150g)
  • マヨネーズ … 大さじ1と1/2
  • 白いりごま … 小さじ1弱
  • こしょう … 少々
  • 塩 … 1~2つまみほど
  • 砂糖 … 1~2つまみほど
  • 砂糖 … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ1
  • 酢 … 小さじ1

スポンサーリンク

ごぼうサラダの作り方

ごぼうの下ごしらえ

下味付けの調味料以外では、ごぼう、白いりごま、マヨネーズを使います。

※ごぼうは太さもまちまちなので、合計150g分を目安に作ってみてください。

ごぼうは土を洗い落として皮を軽くこそげます。厚みが出すぎないような、5~6㎝長さの乱切りにして、水にさらします。

ごぼうを切り終えたら、ざっと水気を切ります。このとき水気を切りすぎてしまうとレンジ加熱後に乾いた状態になるので、ボウルの底に少し水を残すくらいにしておきます。

※水気を切ったあとの底に、水がたまっていないようなら大さじ1ほどの水を追加してください。

Aの調味料(塩と砂糖を各1~2つまみずつ)を加えて混ぜ合わせます。

※調味料の分量の違いですが、比較すると1つまみでごぼうの風味がより残る感じに、2つまみならより下味がつく仕上がりの傾向に(それほど大きな差ではないですが、迷ったので…ww)。

ごぼうのレンジの加熱時間/やり方

ボウルをレンジに移して、【600Wで2分】加熱します。加熱後に上下を入れ替えるように混ぜ、さらに【600Wで1分半】ほど加熱します。

※火が通っていないようなら、10~20秒ずつくらい追加で加熱してください。

必ずごぼうが熱いうちに下味づけ用のBの調味料(砂糖、醤油、酢を各小さじ1)を加えて混ぜ、そのまま粗熱を取ります。

ごぼうが人肌以下になれば、ボウルに底にたまった汁気を捨てて、マヨネーズ大さじ1と1/2、白ごま小さじ1弱、こしょう少々を加えて混ぜ合わせます。

※このとき、ごまは指先で軽くひねるようにして加えると香りがよくなります。また、マヨネーズは多めが好みなら大さじ2くらいまで増やしても!

最後に味をみて、マヨネーズのコクや酢の酸味、塩の塩気を追加したいなら、適宜加えて調整してください。これで出来上がりです(冷蔵庫で2~3日日持ちします。)。

【補足】

  • 野菜によっては、レンジ加熱はなかなか難しく、ごぼうの切り方や分量、ボウルのサイズや素材、レンジのメーカーによって、同じ時間加熱しても違った仕上がりになります。このレシピを基準に各ご家庭に合った加熱時間や味付けにぜひ調整をしてみてください!
  • また、レンジ加熱の際に、ラップをしたほうが蒸された状態になって好ましいですが、特になくてもさほど支障はなかったので、ラップなしをデフォルトのレシピにしています。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ごぼう
サラダ
マヨネーズ
火を使わない
お弁当

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋野菜レシピランキング