おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

うま味広がる!ごぼうの唐揚げのレシピ/作り方

ごぼうの唐揚げの写真

調理時間:20分以下

ごぼうを使ったやみつきになる味わいの唐揚げ。おかずに、おつまみに、あっという間になくなる人気の1品になること間違いなし!

下味をつけた分だけ、ちゃんと美味しくなるのでぜひお試しください。

このレシピのキーワード
ごぼう
お酒のつまみ
揚げ物

印刷する

ごぼうの唐揚げの材料 (2人分)

  • ごぼう … 1本(150g)
  • 片栗粉 … 大さじ2ほど
  • こしょう … 少々
  • 揚げ油 … 適量
  • おろしにんにく … チューブで1㎝分ほど
  • 醬油 … 大さじ3
  • 砂糖 … 小さじ1

スポンサーリンク

ごぼうの唐揚げの作り方

ごぼうのから揚げの下ごしらえ

ごぼうはまず、土を洗い落としてから、包丁の背などで皮を軽くこそげます(→「ごぼうの下ごしらえのまとめ」に詳しくまとめていますので、そちらも参考にしてみてください)

続いて、ごぼうは4~5㎝長さに切り、さらに縦に2~3等分に切って厚めの短冊型に切ります。

※切ってすぐに下味をつけることができるなら、特に水にさらす必要はありません。

ボウルに切ったごぼうを入れ、Aの調味料をすべて加えて混ぜ合わせます。

少しのにんにくと醤油の下味が唐揚げの風味の良さにつながるので、素揚げではなく、ぜひ下味をつけて揚げてみたください。

時おり箸で上下を混ぜながら、5分ほど味をなじませます。

5分経ったら、下味をつけたタレを容器に取っておき、ボウルの中は汁気を切ったごぼうだけにします。

そこに片栗粉大さじ2ほどを加えて、全体を混ぜ合わせます。

※下味をつけたタレは仕上げで少し使うので、少量取っておけばOKです。

ごぼうのから揚げのレシピ/仕上げ

揚げ油は180℃に熱しておきます(鍋や小さめのフライパンに2㎝ほどあれば十分です)。

ごぼうを軽くほぐしながら入れます。油の中でもくっつくものがあるので、箸で軽くほぐすとよいです。

ごぼうを入れてから、揚げる時間は3~4分が目安です。

ごぼうの表面がこんがりと色づけば、しっかりと油を切りながら取り出します。

油から出したあとに、最後の味付けをします。下味をつけたタレを刷毛やスプーンで全体に少しまわしかけ、こしょうも全体にふりかけます。

最後の仕上げの味付けで、ごぼうの唐揚げにやみつき感が出ると思います。

器に盛り付けていただきましょう!できれば熱々がおすすめですが、少し冷めても油のコクと醤油やにんにくの風味が美味しさを保ってくれます。

【補足】

  • 好みで炒りごまや一味唐辛子をふっても美味しいです。
  • 揚げ加減は好みですが、余りにもカラカラに揚げてしまうよりは、ごぼうのしっとり感が少し残るくらいがおすすめです。
  • 漬けたあとのタレを最後に使いたくない!という場合は、ごぼうに下味をつけるときに別皿でAを混ぜ、少し取り分けておくとよいです。
  • 下味をつけたタレは少しだけ仕上げに使いますが、残ったものは(にんにくがきいているので)炒め物などに使うとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ごぼう
お酒のつまみ
揚げ物

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ