おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

シンプルながらハマる味!ゴーヤの佃煮のレシピ/作り方

ゴーヤの佃煮の写真

調理時間:20分以下

ゴーヤを佃煮にすると、普通にゆでたり炒めたりするよりも、苦みをなぜかマイルドに感じる(と個人的に思う)ので、切ったゴーヤに塩や砂糖を振る特別な下処理は必要なしです。

ゴーヤを「水、醤油、砂糖、みりん」を合わせて煮るだけ。とにかく煮詰める。シンプルな調味料ながらゴーヤのほのかな苦みが不思議とハマる味なので、夏の常備菜としてぜひお試しください!
【保存の目安:冷蔵で1週間ほど】

このレシピのキーワード
ゴーヤ
ごま
夏野菜

印刷する

ゴーヤの佃煮の材料 (作りやすい分量)

  • ゴーヤ … 1/2本(250gの半分125gくらいが目安)
  • 白いりごま … 小さじ1/2ほど
  • 水 … 大さじ5(75ml)
  • 醤油 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1

スポンサーリンク

ゴーヤの佃煮の作り方

材料の下ごしらえ

用意するのはゴーヤ1/2本です(1本で作るときの補足はいちばん下に)。はじめに、ゴーヤはヘタを切り落として縦半分に切り、タネとワタを除きます。

それを5~7㎜幅くらいに切ります。※ゴーヤの下処理はこちらのページに詳しくまとめています。ただ、塩と砂糖での苦み取りの工程は佃煮では不要です

切ったゴーヤを鍋に移し、Aの調味料類(砂糖大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ1、水大さじ5)を加えて、さっと箸で混ぜ合わせます。

ゴーヤの佃煮の味付け

鍋を中火にかけ、沸いたら吹きこぼれない状態ならそのままの中火(もしくは若干火を弱め)、そのまま6分ほど煮詰めます。

4~5分経つと煮汁も半分くらいになっているので、箸で軽く混ぜ合わせ、煮汁の残り具合を確認します。煮汁が少なくなってくれば、火を少し弱めましょう。

煮汁がほとんどなくなれば火を止めます(火加減にもよりますが、目安で6~7分)。最後に白いりごまを散らします。

粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。保存の目安は【冷蔵庫で1週間ほど】です。

【補足】

  • ゴーヤ1本(約250g)まるまるを使って作るときは、水を倍量の150mlではなく、100mlに減らして作ってみてください(他の調味料は倍量でOK)。煮詰める時間も多少長くなりますが、煮詰める時の火加減は中火くらいで、だらだらと長くゴーヤを煮すぎないようにしましょう。
  • ゴーヤの佃煮は、かつお節入れたり、生姜入れたりせず、シンプルなのがけっきょくいちばん美味しいじゃん!と気づきました。ゴーヤのほのかな苦みがクセになると思います!

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ゴーヤ
ごま
夏野菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏レシピランキング