おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

本格エビチリ(豆板醤,かたくり粉不使用)のレシピ/作り方

エビチリの写真

調理時間:30分以下

豆板醤ナシ、水溶き片栗粉ナシのレシピにしています。鶏ガラスープの素も入れず、素材の味を活かして作ります。

エビの下処理や、エビチリの味付け、仕上げの溶き卵を加えるところなどがポイントなので、ぜひ一度作ってみてください。※エビチリは作る時ソースが飛び散りやすいのでエプロン推奨※

ちなみに、最後に加える溶き卵で、エビチリの味がまろやかになり、同時に水溶き片栗粉の代わりに軽いとろみをソースにつけてくれます。

このレシピのキーワード
えび
中華風
生姜
ねぎ
にんにく
ケチャップ

印刷する

エビチリの材料 (2~3人分)

  • 殻付き無頭エビ … 10~12尾ほど
  • 生姜 … 20~30g
  • 長ねぎ … 1/2本
  • にんにく … 1かけ
  • 輪切り唐辛子 … 少々(5~6個)
  • 溶き卵 … 1/2個分
  • サラダ油やこめ油など … 合計大さじ2と1/2
  • ごま油(仕上げ) … 小さじ1
  • ケチャップ … 大さじ3
  • 砂糖 … 大さじ1
  • 酢 … 小さじ2
  • 醤油 … 小さじ1
  • 味噌 … 小さじ1

スポンサーリンク

簡単だけど旨い本格エビチリの作り方

エビチリの下ごしらえ

シンプルながら本格的なエビチリを目指してレシピにしています。豆板醤、水溶き片栗粉、○○スープの素など使わず作ります。

はじめに、エビの下ごしらえの前に生姜、長ねぎ、にんにくをそれぞれみじん切りに切ります。

また、Aの調味料をボウルに合わせ、ダマになりやすい味噌をよく混ぜておきます。

※香辛野菜がたっぷり入ることで、香りも食感もよくなります。ねぎのみじん切りのページも参考に。

殻付き無頭エビは、はじめに尾っぽだけを残すように、殻と足をむき取ります

むいたらまな板に移し、尾っぽを短く切りそろえ、背側に浅く切り込みを入れます

※尾っぽに近いむきづらい殻もむき取ってください(尾っぽを手に持ち、内側から指を立てるようにしてむき取るとよいです)。

背ワタを流水でさっと洗い流し、水気をふき取ります。エビの両面にうすく塩、こしょう各少々(分量外)をふりかけ下味をつけます。

※背側を開くことで、火を通したときにエビの身がプクッと開くので、エビチリのソースも絡みやすくなります。

エビチリのレシピ/仕上げ

フライパンにサラダ油大さじ1と1/2を入れて中火にかけ、熱くなったらエビを入れます。

エビの大きさにもよりますが、片面1分~1分弱ずつ炒めます。裏返して反対側も同じように炒めたら、お皿にエビを取り出しておきます。

一度火を止めて、輪切り唐辛子少々(5~6個)とサラダ油大さじ1を足し入れます。

みじん切りにした香辛野菜もすべて入れて中火にかけ、油が熱くなってフツフツと沸くのを待ちます。

※輪切り唐辛子少々とAの調味料の中の味噌が豆板醤の代わりです。輪切り唐辛子は5~6個なら辛味も弱く、食べやすい仕上がりに。

油が熱くなれば弱火にして、合わせておいたAを加えて混ぜます。

エビチリのソースがしっかり温まれば、取り出しておいたエビを戻し入れ、さっと混ぜ合わせます。

エビを軽く温めてから、溶き卵1/2個分を流し入れて、手早く全体を混ぜ合わせます

卵がエビチリをまろやかな味にしてくれて、同時に水溶き片栗粉の代わりにソースに軽いとろみをつけてくれます。

最後に香りづけのごま油小さじ1ほどを加えてさっと混ぜれば完成です。

【補足】

  • エビチリを作る時はソースが飛びやすいので、エプロンをして調理しましょう!
  • エビの尾っぽだけを残して炒める作り方にしていますが、好みで取り除いてもOKです。ただ、尾っぽや殻の部分を油で炒めることで出る風味もあるので、食べやすさと作りやすさのバランスを取って、このレシピでは尾っぽだけを残しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
えび
中華風
生姜
ねぎ
にんにく
ケチャップ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋の味覚を楽しむ!レシピランキング