おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おせちにも!えびのうま煮(煮物)のレシピ/作り方

えびのうま煮(煮物)の写真

調理時間:20分以下※味を染み込ませる時間を除く

えびのうま煮は、ちょっとしたお祝いの席に用意できたら、最高のおもてなしとなると思います。

できるだけ新鮮な殻付きえびを使って、下処理(背ワタ取り)から味付けまでを紹介します。

このレシピのキーワード
えび
おせち
おもてなし

印刷する

えびのうま煮(煮物)の材料(4~5人分)

  • 殻付きえび … 15尾ほど
  • だし汁 … 450ml
  • 薄口醤油 … 50ml
  • みりん … 50ml
  • 酒 … 50ml
  • 砂糖 … 50ml
    ※50mlは大さじ3と1/3となります

スポンサーリンク

えびのうま煮(煮物)の作り方

えびの下ごしらえ

※えびは煮物にする際も、できるだけ新鮮なものを使うとよいです。このレシピではおせち用に生きた車えびで作ったときの写真で紹介します※

えびは生きていてもそうではなくも、下のように指でしっかりえびを固定し、頭と胴の間から竹串を入れます。 竹串と親指で背ワタをはさんで抜き取るわけです。

※生きた車えびの場合は、下処理の間に飛び跳ねることがあるので、背ワタを取る前、取った後も蓋ができる容器に入れておくとよいです。また、えびの下処理については、えびの背わたの取り方・下ごしらえで詳しく紹介しています!

たっぷりのお湯を沸かして、殻付きのままのえびを塩ゆでにします。 写真ほどの大きさなら、ゆで時間は2~2分半。大きいえびの場合は3分ほどゆでてください。ゆでたえびは水に落とさずに、ざる上げしてうちわなどで冷まします。

えびのうま煮の作り方/仕上げ

下ゆでしたえびは、丁寧な仕上がりにしたいおせち料理の時などは特に、尾っぽの先を斜めに切り落とし、長いひげと頭の先を包丁で切って調える、とよいです。下ごしらえしたえびはタッパーやステンレス缶などの保存容器に移します。

鍋にAを合わせて火にかけ、軽く煮立たせます。そしてその煮汁を先に用意したえびの入った保存容器に注ぎ入れます。 それは、えびは必要以上に煮ると身が硬くなってしまうので、ぐつぐつ煮るのではなく、熱い煮汁を入れるだけにしたほうが身がふっくら美味しく仕上がるからです

容器ごと氷水につけて冷まし、食べる直前まで煮汁に浸しておきます。冷めれば蓋やラップをして冷蔵庫に移し、半日ほどつければしっかり味がしみ込んで美味しくなります。

【補足】

  • この料理は熱々を食べるのではなく、冷める過程でえびにも味を染み込ませ、冷たい状態で食べる料理(おせち料理、ちらし寿司、お弁当など)が中心です。もし温めて食べたいときは、沸騰させずにじんわり温める程度にするとよいです。
  • 煮物にするときでも、やっぱり生きた状態の車えびがとても美味しいです。今回は「活けの車えび」をに百貨店で購入して使用しました。"活け"だからこそ、翌日に持ち越せないものもあるようで、閉店間際にお値打ち価格になることも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

こちらのレシピもおすすめ!

スポンサーリンク

書籍の紹介

書籍:「和のラクうま定食」の表紙

2皿で完結!「和のラクうま定食」
シンプルな定食本も発売中! 丼ぶり、炒め&混ぜご飯などにメインのおかずの組み合わせです。
  • 白ごはん.com Channel
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com LINE OFFICIAL BLOG
  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook
  • 白ごはん.com 公式インスタグラム

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ