おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大根ステーキのレシピ/作り方

大根ステーキの写真

調理時間:20分以下

簡単なのにばっちり美味しい!ごはんも進むようなおかずに仕上げるレシピです。

大根ステーキだと、大根をつい厚く切りがちですが、一度レシピを参考に【少し薄め】で作ってみてください。味の絡みが良く、一気に美味しさがアップしてくれるはずです!

このレシピのキーワード
大根
ねぎ
生姜

印刷する

大根ステーキの材料 (2人分)

  • 大根 … 8~10㎝幅
  • 長ねぎ … 10~15㎝幅
  • ごま油 … 計小さじ1と1/2
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 酒 … 大さじ1
  • 生姜のしぼり汁 … 小さじ1~2ほど(※)

※生姜は皮付きのひとかけ分を目安に10~15gほど用意してすりおろしてください。

スポンサーリンク

大根ステーキの作り方

大根ステーキの下ごしらえ

大根ステーキの大根の厚みは、厚すぎるより、1㎝強くらいの薄めのほうが、味の絡みがよいのでおすすめです。

大根の太さにもよりますが、26㎝大のフライパンで7~8切ほどが重ならず作りやすいと思うので、大根は8~10㎝幅ほど用意し、皮だけ少し厚めにむいてから7~8等分に切ってください。

※8~10㎝幅で一度に皮をむいてもいいですし、上の写真のように、1㎝強の幅に切ったあとに1つずつ皮を少し厚めにむいても、どちらでもよいです。

切った大根は味のしみ込みをよくするために、片面に3㎜幅ほどの間隔で、格子状に切り込みを入れます(切り込みの深さは浅くでOKです)。

反対側も同じように入れると手間なので、残りは十字に切り込みを入れます。それをお皿に広げ、ラップをかけて電子レンジで加熱します(600Wで3~4分)。

大根の生っぽいところが半分以上あれば、30秒単位くらいで追加してレンジ加熱して、大根の全体(せめて8~9割)に透明感が出るくらいに加熱してください。

また、ソース作りに使うので、長ねぎは斜め薄切りに、生姜は皮ごとすりおろしておきます。

大根ステーキのレシピ/作り方

フライパンにごま油小さじ1を入れて弱めの中火で熱し、大根を重ならないよう並べ入れ、片面2~3分ずつ焼きます

この焼く工程では、軽く焼き色が付くくらいまで焼くと香ばしさもプラスされるので、おすすめです。

両面焼いて、大根にしっかり火が通ればお皿に取り出します。

※レンジ加熱で使ったお皿に取り出す場合は、水が出ているので水を捨ててから、焼いた大根を移しましょう!

大根を焼いた後のフライパンに、ごま油小さじ1/2と切った長ねぎを足し入れ、弱めの中火にかけます。

長ねぎを軽く炒め、ねぎに火が通れば、醤油大さじ1.5、みりんと酒各大さじ1、生姜のしぼり汁小さじ1~2ほどを加え、ソースが沸くのを待ちます。

フライパンの中のソースが沸いてくれば、大根を戻し入れ、途中何度か裏返しながら、大根の表面に味を絡ませます。

ソースがうっすら残るくらいまで煮詰めればできあがりなのですが、最後のほうは格子状に切り目を入れた面を下にして、味をしっかりしみ込ませると仕上がりの味わいがより濃いめになります。

ねぎごと大根を器に盛り付け、フライパンに残ったソースも全体にかければ完成です。

※仕上げに粗びき黒こしょうをふっても美味しいですし、味を薄めに感じるようなら塩少々で味を調えるようにしてください。

【補足】

  • 大根の厚みを2㎝くらいにしたい場合は、レンジ加熱の時間を長く取ってください。また、大根の総量が増えている場合は、調味料が足りない可能性が高いので、仕上げに塩を振りかけるなどして、味の調整をお忘れなく!

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
大根
ねぎ
生姜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏レシピランキング