おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大根とツナの簡単サラダのレシピ/作り方

大根とツナの簡単サラダの写真

調理時間:20分以下

たっぷりの大根にツナ、彩りと風味のよいかいわれ菜に大葉を合わせます。手元にあればだしがら昆布も細く刻んで入れても!

火を使わずさっと作れるのでぜひお試しください(作りやすい分量で記載しているので多ければ1/2量で)。

このレシピのキーワード
大根
ツナ缶
サラダ
缶詰

印刷する

大根とツナの簡単サラダの材料 (3〜4人分)

  • 大根 … 400g(約1/3本)
  • ツナ缶 … 大1缶(140g)
  • かいわれ菜 … 1パック
  • 大葉 … 5枚
  • だしがら昆布 … あれば少々
  • マヨネーズ … 大さじ4
  • 酢 … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ1/2

※分量が多めなので、2人分のときは半分にして作ってください。

スポンサーリンク

大根とツナの簡単サラダの作り方 

大根ツナサラダの具材の切り方

大根とツナのサラダに合わせる食材は大根、ツナ、かいわれ菜、大葉、だしがら昆布。だしがら昆布はあれば入れるくらいでOKです。

大根は皮をむき、スライサーなどを使って5〜6㎝長さのせん切りにして、水に5分ほどさらします(大根を包丁でせん切りにする場合は、繊維にそって細く切るようにします)。

さらした大根はざる上げし、調味料に合わせる前にこれでもかって言うくらい、しっかり水気を切ることが大切です。

※サラダの場合の大根は細く切るので、皮を厚めにむく必要はありません。

かいわれ菜は根元を切り落とし、ボウルに入れて水をそそぎ、茶色い種の皮や汚れたかいわれ菜を除きます。

大葉は細く切りすぎても美味しくないので4㎜幅くらいに切って、かいわれ菜のボウルに入れてさっとさらしてから、一緒に水気を切ります。

「大葉のせん切りのやり方」の詳細ページも参考にしてみてください。

大根ツナサラダのレシピ/作り方

しっかり水気を切った大根をボウルに入れたら、ツナ缶を油ごと加えます。続けて、Aの調味料をすべて加えて軽く混ぜ合わせます。

ボウルに、かいわれ菜と大葉、あればだしがら昆布を入れて混ぜ合わせます(だしがら昆布は3〜4㎜幅くらいに切って加えます)。

ここで味見をしてみて、味が物足りなければ塩1〜2つまみくらいで調整するとよいです。好みでこしょうを加えても。

【補足】

  • ツナ缶は油ごと加えるレシピにしていますが、加える油の分量は好みで調整してみてください。
  • 大根から水気が多少出てくるので、できたて、和えたてを食べるのがおすすめです。
  • 一度、数時間たったものを食べてみたことがあるのですが、全体的に少ししっとりして、これはこれで美味しいと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
大根
ツナ缶
サラダ
缶詰

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ