おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

海鮮丼(貝,めかぶ,イクラ)のレシピ/作り方

海鮮丼の写真

調理時間:10分以下※あわびなどに火を通す時間を除く

めかぶをベースとした贅沢に海の幸が楽しめる丼ぶり。ホタテの貝柱とあわびを使っていますが、用意できるもの片方でも美味しいので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
ほたて
あわび
めかぶ
イクラ
刺身

印刷する

海鮮丼(貝,めかぶ,イクラ)の材料 (2人分)

  • ごはん … 丼ぶり2杯分
  • 刻みめかぶ(※1) … 100g
  • イクラの醬油漬け … 25gほど
  • 貝類(※2) … 計50gほど
  • 醤油 … 適量
  • おろしわさび … 好みで少々
  • ※1 めかぶは市販の「味付きめかぶ」でも、自分でゆでためかぶを刻んでもどちらでもOKです 
    ※2 貝類はホタテの貝柱の刺身、蒸しあわび、どちらかでもいいので用意できるもので(詳しくは下記工程①参照)

スポンサーリンク

海鮮丼(貝,めかぶ,イクラ)の作り方

貝類とめかぶの海鮮丼の材料

まず、用意するものは刻みめかぶ、イクラ、ホタテ刺身(貝柱)、蒸しあわびの4つ。

このうち、ホタテとあわびはどちらか片方でもよいですし、両方合わせても(合計で50gほどあれば十分です)。

※ホタテの刺身はひも付きではなく、貝柱のみの刺身を使ったほうが食感がやわらかく美味しいと思います!

ホタテは貝柱の繊維にそって縦に切り、あわびはひと口大にそれぞれ切ります。

貝類とめかぶの海鮮丼のレシピ

器にめかぶを入れて(味付きでなければ醤油少々で下味をつけ)、切った貝類とイクラをのせれば完成です!

熱々のごはんを用意して、合わせたものをざっと混ぜ合わせてから上にかけ、醤油適量をかけていただきましょう!

※めかぶとイクラ、ホタテなどを混ぜ合わせると、イクラが少し白っぽくなるので、食べる直前に混ぜるようにするとよいです。

【補足】

  • ほかに加える具材としては、食感的にやわらかいものが合うと思うので、サーモンやぶりの刺身や、やわらかい白身の刺身なんかがいいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ほたて
あわび
めかぶ
イクラ
刺身

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ!