おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ホタテの和風カルパッチョのレシピ/作り方

ホタテのカルパッチョの写真

調理時間:10分以下

刺身用のホタテを食べやすく半分に切り、さっと湯引きすることで、甘味がぐっと増してくれます

ちょっとしたひと手間ですが、食べやすさも美味しさもアップするのでぜひお試しください。

このレシピのキーワード
カルパッチョ
おもてなし
刺身

印刷する

ホタテのカルパッチョの材料 (2人分)

  • ホタテの刺身 … 150gほど
  • 薬味ねぎ … 1~2本分
  • レモンやすだちなど … 1~2切
  • オリーブオイル … 大さじ2ほど
  • 醬油 … 小さじ2ほど
  • 粗びき黒こしょう … 少々

スポンサーリンク

ホタテのカルパッチョの作り方

ホタテのカルパッチョの下準備

刺身用のホタテの貝柱をカルパッチョにします。薬味は細ねぎだけで十分です。

レモンやすだちなどの柑橘類があれば、1~2切を用意しておきます(柑橘類がなければ酢小さじ1ほどをAにプラスするとよいです)。

※薬味ねぎの他には、「みょうが」「青じそ」などもおすすめです。

ホタテは食べやすさをアップさせるために厚みを半分に切ります。熱湯をわかし、氷水(または冷水)を準備しておきましょう。

お湯が沸いたらざるに広げたホタテを入れて10~15秒ほどさっと湯がきます(表面にだけ火を入れることで、甘味がアップしてくれるのでぜひ行ってみてください)。

中まで火が通りすぎないように、すぐに冷水につけて冷ましましょう。

※時間がないときは沸かしたお湯を全体にかけるだけでもOKです。

ホタテのカルパッチョのレシピ/仕上げ

しっかりホタテが冷たくなれば、表面の水気を丁寧にふき取り、器に盛り付けます。

はじめにレモンやすだちを全体にしぼりかけ、続けてAのオリーブオイルや醤油をまわしかけます。

最後に、粗びき黒こしょうをふって、刻みねぎをちらせば完成です。

【補足】

  • 食べる直前にAをかけたほうがよいので、湯引きして水気をふき取りお皿に盛り付けるところまでをやってラップして冷蔵庫に置いておくと便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
カルパッチョ
おもてなし
刺身

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ!