おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

アスパラと卵のあんかけ丼ぶりのレシピ/作り方

アスパラと卵のあんかけ丼ぶりの写真

調理時間:20分以下

アスパラは和のおだしであんかけにして、ご飯にかけて食べると最高に美味しい!

卵と油あげも加えて、ボリューム満点のレシピにしてみました。

このレシピのキーワード
アスパラ
あんかけ

印刷する

アスパラと卵のあんかけ丼ぶりの材料(2人分)

  • アスパラ … 4本
  • 卵 … 2個
  • 油あげ … 1枚(7㎝四方大)
  • ごはん … 丼ぶり2杯分
  • だし汁 … 200ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 塩 … ひとつまみ
  • 片栗粉 … 大さじ1
  • 水 … 大さじ2

スポンサーリンク

アスパラと卵のあんかけ丼ぶりの作り方

アスパラあんかけの具材の切り方

アスパラのあんかけ丼は相性のよい「アスパラ、卵、油あげ」を具にします。

アスパラは根元側の硬い部分を切り落とし、根元側3〜4㎝の皮をピーラーや包丁でむき取ります。

それから、硬そうなガクがあれば手で除き、5〜6㎜幅の厚みの斜め切りにします。油あげは細めの短冊に切ります。

※穂先だけは5〜6㎜幅に切ると細かくなりすぎるので、少し大きめに残しておくとよいです。

アスパラあんかけ丼の下処理

アスパラのあんのベースになるAのだし汁や調味料は、すべて火にかける前に鍋に合わせておきます。

また、鍋を火にかける前に、卵をボウルなどに割りほぐしておき、Bを合わせて水溶き片栗粉を作っておきます。

アスパラあんかけ丼のレシピ/作り方

鍋を中火にかけて油あげを加え、沸いたら火を弱めてアスパラを入れます。

とろみをつける前にアスパラを火にかける時間は30秒ほどと短めでOK(とろみづけの工程でも火が通るので)。すぐにとろみをつける工程に入ります。

合わせておいたBを再度しっかりと底から混ぜ、Bを入れながらお玉や箸で鍋全体を混ぜながら、ダマのないようにとろみをつけます

とろみがついたら30秒くらいしっかり沸騰させます。続けて溶いた卵を鍋全体にまわし入れます。

お玉を使ってやさしく全体をゆっくりと混ぜ、卵に火が通ればアスパラあんの完成です。

あとは丼ぶりによそったご飯の上に、熱々のあんをかけていただきます。

【補足】

  • 卵の基本分量は2個となっていますが、好みで1個でもOKです。その時はAの醤油を大さじ1に減らして味付けしてみてください。
  • アスパラと炒めたベーコンなどを具にあんかけ丼にしてもおいしいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ