おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

輪切りのやり方(野菜の切り方の基本)

輪切りの写真

調理時間:10分以下

このレシピを動画でみる

薄く切ってサラダに、1㎝幅ほどに切って煮物などに、出番も多いのが“輪切り”です。

きゅうりの輪切りなら少し包丁を寝かせて、硬い野菜ならしっかり野菜をおさえて切るのがポイントになります。

このレシピのキーワード
野菜の切り方の基本
きゅうり
れんこん
レシピ動画付き

印刷する

輪切りの材料

  • きゅうりやにんじん、トマト、さつまいも、れんこんなど … 適量

スポンサーリンク

きゅうりやれんこんの輪切りの切り方

きゅうりの輪切り

きゅうりは両端を切り落として、まな板の上に真横に置きます。これを端から好みの幅に切れば“輪切り”です。

特にきゅうりの輪切りの場合は、切ったきゅうりが切る前の左側に落ちたり、切ったきゅうりが転がりやすかったりします。

それを(完全ではないですが)ちょっとだけ防ぐには、下の写真のように、包丁を少し傾けた状態を保って(切ったものが落ちる側に)ずっと切り続けるとよいです。

さつまいもやれんこんの輪切り

きゅうりよりも硬くて丸みのある野菜を切るとき(さつまいもや人参)は、特に野菜がグラつかないよう、片手でしっかりと押さえて輪切りにするようにしましょう。

れんこんなども硬めなので、しっかり押さえる必要がありますが、真ん丸ではないので切ったものが転がりにくいと思います。野菜に合わせて、気を付けつつやってみてください。

【輪切りのyoutube動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特にきゅうりなど細い野菜を切るとき、少し包丁を斜めにするところなど、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • 料理において、素材の大きさをそろえる、ということはけっこう大事なことで、それによって、火の通り方や味のしみ込み方が均一になり、見た目もきれいに仕上がります

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング