おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

くし切りのやり方(野菜の切り方の基本)

くし切りの写真

調理時間:10分以下

丸みのある野菜やかんきつ類を、食べやすく同じ大きさに切りそろえられるのが“くし切り”です。

トマトなどは特に気にする必要はありませんが、玉ねぎなどは繊維の向きにそってくし形に切るのがポイントです。

このレシピのキーワード
野菜の切り方の基本
玉ねぎ

印刷する

くし切りの材料

  • 玉ねぎ、トマト、かんきつ類、かぶなど … 適量

スポンサーリンク

くし切りの切り方

玉ねぎなどの斜め切りのやり方

野菜ははじめに縦半分に切ります(切った後にヘタを取ったほうがよい野菜や料理なら、V字に切り込みを入れるなどしてヘタを除きます)

続いて、玉ねぎであれば、繊維の方向が縦になるよう、切り口を下にして置きます。

くし形に切りそろえるには、野菜の中心に向けて放射状に、均等な幅に切ります

例えば、玉ねぎ1/2個を6等分のくし切りにするなら、下の写真のように、はじめに縦半分に切る→片側を3等分する→もう片側は切りやすい側に倒して同じく3等分にするとよいです。

【補足】

  • 基本的には、はじめに縦半分に切ったものは、切り口を下にします(その方がグラつかずに切りやすいので)。ただ、トマトなど切り口から汁気が多く出るもので、やわらかく切りやすいものは、切り口を上にして、中心から外側に放射状に切ってくし形にしてもOKです。
  • 料理において、素材の大きさをそろえる、ということはけっこう大事なことで、それによって、火の通り方や味のしみ込み方が均一になり、見た目もきれいに仕上がります

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
野菜の切り方の基本
玉ねぎ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング