おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

つくしの卵とじのレシピ/作り方

つくしの卵とじの写真

調理時間:20分以下※つくしの下ごしらえの時間を除く

「つくしのゆで方」で、つくしの下ごしらえができたら、つくしの苦みもマイルドになって食べやすい「卵とじ」にするのもおすすめ!

我が家の娘も「つくしのお浸し」は苦手だけど、この卵とじは美味しいと食べてくれます。

このレシピのキーワード
卵とじ
春野菜
山菜

印刷する

つくしの卵とじの材料 (2~3人分)

  • ゆでたつくし … 50~60gほど
  • 卵 … 4個
  • だし汁 … 50ml
  • 醤油(あれば薄口でも) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

つくしの卵とじのレシピ/作り方

つくしの下ごしらえ

つくしは洗ってはかまを除き、さっとゆでてから水にさらします。詳しい下ごしらえについてはつくしのゆで方を参照ください。

つくしの卵とじの準備

ゆでたつくし50~60gに対して、用意する卵は4個。まず、卵はボウルに割り入れて、箸で溶きほぐしておきます。

また、鍋を火にかける前にAのだし汁と調味料(だし汁50ml、醤油大さじ1.5、みりん大さじ1、砂糖小さじ1/2)を合わせておきます。

つくしの卵とじのレシピ/作り方

鍋を中火にかけ、沸いてきたら火を少し弱め、ゆでたつくしを加えます。

続けて、溶いた卵を全量まわし入れます。卵が鍋肌から半熟状態に固まってくるので、そうなった部分を中央に寄せ、また固まったものを中央に寄せます。

全体がゆるい半熟状態に近くなれば、蓋をして、極弱火で2分加熱→火を止めてさらにそのまま2分蒸らします

蓋を開けてみて、卵の火通りを確認し(好みで蒸らす時間を追加するなどして)、できあがりです。

煮汁ごと器に盛り付けましょう。たっぷり卵とほのかに苦いつくしの組み合わせが相性ばっちりだと思います!

【補足】

  • ごはんと一緒に食べたくなるくらいの味付けにしているので、薄味が好みの場合は、醤油を大さじ1くらいに減らして作ってみてください。
  • 醤油については、おうちで作るなら濃口醤油でも薄口醤油でもどちらでも大丈夫です。ただ、薄口醤油で作ると卵の色合いがきれいに仕上がるので手元にあれば使ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
卵とじ
春野菜
山菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

初夏レシピランキング