おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

たけのこご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

たけのこご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

春を感じさせてくれる「たけのこご飯」。たけのこが出回る時期になったら一度は食べたいものです。

たけのこが主役なので、たけのこは大きく切って、油揚げはみじん切り、たけのこの味わいを引き立てる木の芽もあれば最高です

このレシピのキーワード
たけのこ
春野菜

印刷する

たけのこご飯(炊き込みご飯)の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • ゆでたけのこ … 150gほど
  • 油あげ … 1/2枚
  • 木の芽 … あれば少々

※たけのこは大なら1/2本、小なら1本を目安に用意してください

  • だし汁 … 約300ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

たけのこご飯(炊き込みご飯)の作り方

たけのこご飯の下ごしらえ

たけのこご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分~1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しいたけのこご飯になります!

また、ゆでたけのこは食感が残るように、少し大きめに切るのがおすすめです。穂先は縦半分にした後、繊維にそって5㎜幅に縦に切り、根元は繊維を断つように5㎜幅のいちょう切りにします。油あげは5㎜四方ほどの粗みじん切りにします。

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこにAを加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

【時間があればぜひお試しください!】
市販のたけのこ水煮でも作れますが、生のたけのこから家でゆでて作ると風味が格別によくなります!あく抜きのやり方も参考にしてみてください→『たけのこのアクの抜き方

たけのこご飯のだし汁、調味料の合わせ方

炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先して、だし汁を最後に調整すること』『具材をはじめから入れて炊くこと』です!

米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、それからだし汁を2合の目盛を優先に注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※だしは2合に対して300mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください。

たけのこご飯のレシピ/作り方

②で準備のできた釜に油あげを広げ入れ、続いてたけのこを加えます。あとは炊飯器にセットして炊いていきます(浸水させていれば普通コースで炊いてOKです)。

たけのこご飯が炊ける直前に、少量でもいいので木の芽があれば刻んでおきます。特に手のひらでたたくなどはせず、乾いたまな板の上で粗く刻んでおきます。

ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせ、茶碗に盛ってから木の芽を少量ちらして完成です。

たけのこのおすすめ料理※写真からもページへ移動可※

「たけのこのきんぴら」…いつものきんぴらよりも少し甘みを抑えて作ると風味が楽しめます!

「たけのこの土佐煮」…かつお節を加えて煮る土佐煮にすればだし汁いらず!作りやすいおかずです。

【補足】

  • 3合を炊く場合は「だし約450ml、醤油(あれば薄口)大さじ4弱、みりん大さじ4弱」が目安となります。
  • 木の芽は粗く刻まず、1枚をまるごとそえるやり方もありますが、刻んだほうが少量でも香りが広がって楽しめると思います。
  • 鍋炊きの場合は、米が浸水できたら一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこに、だし汁350ml(鍋炊きの場合のみ全量)とAを合わせたものを注いで、具材をのせて炊いてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ