おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草など青菜の白あえのレシピ/作り方

ほうれん草の白あえの写真

調理時間:20分以下※豆腐の水切りの時間を除く

ほうれん草や小松菜、青菜の白和えは昔ながらの食卓を思わせる定番のおかずだと思います。

今回はほうれん草で紹介していますが、小松菜でもチンゲン菜でも美味しく作れるので、用意できるもので作ってみてください。

このレシピのキーワード
ほうれん草
豆腐

印刷する

ほうれん草の白あえの材料(3〜4人分)

  • ほうれん草などの青菜 … 1束
  • 木綿豆腐 … 1/2丁(約350gの1/2丁を使用)
  • 白いりごま … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ2/3
  • 味噌 … 小さじ2/3
  • 塩 … ひとつまみ

スポンサーリンク

ほうれん草など青菜の白あえの作り方

ほうれん草の白あえの下処理

まず、木綿豆腐は厚みを半分にした1/2丁を水切りします。キッチンペーパーなどで包み、重石をして20〜30分ほど冷蔵庫に置いておくと水が抜け、手でちぎれるくらいの硬さになります。

※詳しい豆腐の水切りに関しては「豆腐の水切りと裏ごし」を参考に。

続いて、ほうれん草をゆでます。根に細かく切り込みを入れて土を洗い落し、茎からゆではじめて全体を湯に落として、計1分ほどゆでて冷水へ。

冷めたら軽くしぼって食べやすく3〜4㎝幅に切るのですが切った後に再度ギュッと水気をしぼることが大切です。

※小松菜やチンゲン菜の場合も、同じように塩ゆでしてから食べやすく切り、しぼってください。ほうれん草のゆで方にもコツがあるので「ほうれん草のゆで方」も参考に。

フードプロセッサーで作る白和え衣の作り方

このページでは裏ごし器を使わずにフードプロセッサーで白和えの衣を作るやり方を紹介します。

まず、フードプロセッサーの前にAの白ごまをすり鉢で細かくペースト状になるまですりおろします(フードプロセッサーではペースト状にはできないので)。

続けて、水切りした豆腐を適当な大きさにちぎってフードプロセッサーに入れ、すりおろした白ごまとAの残りの調味料をすべて加えます。

スイッチを入れて撹拌し、全体が混ざってきたら一度止めて、フードプロセッサーの刃が届かないところに飛んだ豆腐や調味料をヘラなどで落とします。

再びスイッチを入れて撹拌し、全体が均一に混ざれば白和え衣の完成です。

ほうれん草の白和えのレシピ/作り方

しぼったほうれん草を手でほぐし、ボウルやすり鉢などに戻し入れます。そこにフードプロセッサーで作った白和え衣を加え、しっかり全体にからむように混ぜればほうれん草の白和えの完成です。

【補足】

  • 白和えは時間が経つと具材から水気が出てきて水っぽくなります。和えてからできるだけ早めに食べるとよいです。
  • 白和えは色がつきやすいので、用意できれば薄口醤油で作るとよいです。
  • このレシピは白和えの衣がたっぷりめのレシピです。和え衣の味付けはそのままに、用意できる青菜の分量や、好みの割合に調整しながらやってみてください。
  • 裏ごし器を使って白和え衣を作るやり方は「丁寧に作る基本の白和え」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ