おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草のおひたしのレシピ/作り方

ほうれん草のおひたしの写真

調理時間:10分以下※味をなじませる時間を除く

だし汁ベースの地(じ)に、浸すだけで味付けをするシンプルな調理法が「おひたし」です。季節ごとのいろいろな野菜で作ることができます。

このページでは「ほうれん草」を使って、水気のしぼり方、味付けやひたす時間など、基本的なことも含めて紹介したいと思います。

このレシピのキーワード
ほうれん草
おひたし

印刷する

ほうれん草のおひたしの材料 (3~4人分)

  • ほうれん草 … 2束
  • 下ゆで用の塩 … ティースプーン山盛り1杯ほど
  • だし汁 … 200ml
  • 醤油 … 小さじ5
  • みりん … 小さじ5

※ほうれん草1束の場合は、【だし汁100ml+醤油とみりんが各小さじ2.5ずつ】となります。

スポンサーリンク

ほうれん草のおひたしの作り方

ほうれん草のゆで方/下ごしらえ

まず、ほうれん草は根元に切り込みを入れて洗い、ティースプーン山盛り1杯の塩を加えた熱湯でゆでます(茎を先に30秒ほどゆで、続けて全体を落として30~45秒ほどを目安に)。

※時間があれば、ほうれん草の根元側に細かい切り込みを入れてからゆでると、おひたしにしたときに根元側も美味しく食べることができます→詳しくは「ほうれん草のゆで方」を参考に!

ゆでたほうれん草を冷水で冷やし、切る前に水気を軽くしぼってまな板に移し、4~5㎝幅に切ります。

味付け前の一つのポイントとしては、ほうれん草を切った後にも、必ず水気をもう一度しぼることです(これで仕上がりの水っぽさがなくなります)。

ほうれん草のおひたしのレシピ/作り方

しぼったほうれん草を器や容器に移し、Aの調味料(だし汁200ml、醤油とみりん各小さじ5ずつ)を合わせたものを注ぎ入れます。

※みりんが少量なので煮切らずに合わせてもOKですが、みりんのアルコールを飛ばすとより風味よく仕上がるので、好みで煮切ってみてください。みりんを煮切る場合は、小さじ5のみりんを耐熱の器に入れて【600Wで1分ほど加熱】して煮切るとよいです。

おひたしの地(じ)をほうれん草に注ぎ入れたら、軽く箸でほぐすとよいです(水けをしぼったほうれん草が固まっているため)。

すぐに食べるのも美味しいですが、30分~1時間ほど、冷蔵庫で味をなじませるのもおすすめです。

器に盛り付けるときは、ほうれん草を盛った後にたっぷりと汁をかけてください!※作った数時間以内に食べるのがおすすめですが、ほうれん草のおひたしは翌日までは美味しくいただけます。

【 だしについての補足 】

おひたしは野菜の風味を引き立てるよう、一般的な「かつおと昆布のだし」を使うのがおすすめです。

だしが薄めだった、浸す時間が短かったなどというときは、盛り付けた後にかつお節をふりかけるとよいです。仕上げのかつお節が風味をアップしてくれます。

その他のだしでは、「水出し煮干しだし」でも、さほど臭みがなく、美味しく食べることができます。

【補足】

  • ほうれん草を塩水でゆでることで、ほうれん草全体に塩気がうっすらと浸透して、仕上がりの味わいが引き立ちます。
  • Aの割合は、だし:醤油:みりん=8:1:1です。作る分量によっては、大さじや小さめのお玉などを使い、割合で計量すると便利です。
  • 醤油については、濃口醤油でも薄口醤油でもどちらでもいいと思います(ほうれん草自体の色が濃いため、さほど影響が出ないから)。ただ、比べれば薄口醤油のほうがやはり仕上がりの色合いはきれいになります。
  • だし汁にこだわるのであれば、かつお節はカビ付きの「枯節」を使ったほうが、だし自体がまろやかな風味で野菜の風味が活きた仕上がりになると思います。
  • 逆に、ほんだしなどの顆粒だしでほうれん草のおひたしを作ったらどういった特徴が出るかと言うと、アミノ酸などの強いうま味が、ほうれん草のえぐみなどを食べやすくしてくれるので、お子さんなどには食べやすい仕上がりになるようにも感じます。
  • おひたしに向く野菜は、春なら「菜の花、たけのこ、キャベツ」、夏なら「モロヘイヤ、オクラ」、秋なら「きのこ、小松菜」、冬なら「ほうれん草、水菜、ブロッコリー、白菜」などいろいろあります。
  • 器情報:イムサエムさんの器

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ほうれん草
おひたし

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋冬レシピランキング