おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草のおひたしのレシピ/作り方

ほうれん草のおひたしの写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

和食の中でも、非常にシンプルな「浸す(ひたす)」だけで味付けする副菜レシピ。季節ごとのいろいろな野菜で作ることができますよね。

ここでは「ほうれん草」を使って、野菜の水気のしぼり方、ひたす時間、盛り付けなど、おひたしのレシピの基本も合わせて紹介します。

このレシピのキーワード
ほうれん草
おひたし

印刷する

ほうれん草のおひたしの材料(4人分)

  • ほうれん草 … 2束
  • だし汁 … 200ml
  • 濃口醤油 … 小さじ5
  • みりん … 小さじ5

スポンサーリンク

ほうれん草のおひたしの作り方

おひたしのほうれん草の茹で方

おひたしを美味しく作るには、普段あまり気にせずにやっているかもしれない、『野菜のゆで方』、『だしのきかせ方』、『水気のしぼり方』、『ひたす時間』、『盛り付け方』、こういったことがポイントとなります。

まず、ほうれん草は洗ってから、塩をきかせたたっぷりのお湯で茎側を30秒、全体を浸けて30秒と計1分ほどゆでます。ゆでたら余分な熱が通るのを防ぎ、色止めにもなるので急冷するとよいです。

※ほうれん草は時間があれば、下のように根元側に細かい切り込みを入れてからゆでると、おひたしにしたときに根元側も美味しく食べることができ、盛り付けても根元の淡いピンク色が色鮮やかです→詳細は「ほうれん草のゆで方」を参考に。

※鍋に加える塩は水1Lにティースプーン山盛り1杯ほど。塩水でゆでることで、ほうれん草全体に塩気がうっすらと浸透して、仕上がりの味わいが引き立ちます。

ほうれん草は軽くしぼってから4~5㎝幅に切ります。しかし、『ほうれん草を切った後に必ずもう一度しっかりしぼる』ことがとても大切です(水っぽくしないために)。

4~5㎝幅はちょうど手のひらにすっぽり入る大きさなので、ひとかたまりを手にもって、ぎゅっと水けをしぼり出しましょう。しぼったものは保存容器に移します。

ほうれん草のおひたしのレシピ/作り方

ほうれん草が容器に入れば、Aの調味料をボウルなどに合わせ、ひたひたに注ぎ入れます。

水けをしぼったのでほうれん草も固くなっているため、注ぎ入れた後は箸でほぐすとよいです(加えたAが少ないようならキッチンペーパーを上に広げ、味がなじみやすいようにしておきます)。

※みりんが少量なので煮切らずに合わせてもOKですが、アルコールを飛ばしてより風味よく仕上げるにはレンジで煮切ってから合わせても。その場合は耐熱の器に入れて600Wで1分ほど加熱して煮切るとよいです。

あとは冷蔵庫に移して味をなじませるのですが、1時間くらいは味をなじませたほうが美味しく仕上がります。盛り付けるときは器に盛った後にたっぷりと汁をかけてください

※作った数時間以内に食べるのがおすすめですが、ほうれん草のおひたしは翌日までは美味しくいただけます!

【 だしについての補足 】

・おひたしには風味の強い食材や調味料が入らないため、一般的な「かつおと昆布のだし」を使うのがおすすめです。(こだわるのであれば、かつお節はカビ付きの「枯節」を使ったほうが、だし自体がまろやかな風味で野菜の風味が活きた仕上がりになると思います)。

・だしが薄めだった、浸す時間が短かったなどというときは、盛り付けた後にかつお節をふりかけるとよいです。仕上げのかつお節が風味をアップしてくれます。

・その他のだしでは、「水出し煮干しだし」でもさほど臭みがなく、美味しく食べることができます。

【補足】

  • Aの割合は、だし:醤油:みりん=8:1:1です。作る分量によっては、大さじや小さめのお玉などを使い、割合で計量すると便利です。
  • 醤油については、おうちで作るならほうれん草のおひたしであれば、濃口醤油でも薄口醤油でもどちらでもいいと思います。ただ、色の仕上がりを重視するなら薄口醤油がおすすめです。
  • おひたしに向く野菜は、春なら「菜の花、たけのこ、キャベツ」、夏なら「モロヘイヤ、オクラ」、秋なら「きのこ、小松菜」、冬なら「ほうれん草、水菜、ブロッコリー、白菜」などいろいろあります。
  • 器情報:イムサエムさんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ