おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草と落とし卵のみそ汁のレシピ/作り方

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の写真

調理時間:20分以下

ほうれん草は別ゆではせずに、だし汁に直に入れて火を通します。

卵のまろやかさがあるので、多少のアクが出ても大丈夫。非常にバランスのよいみそ汁の具の組み合わせになると思います。

このレシピのキーワード
ほうれん草

印刷する

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の材料(3人分前後)

  • ほうれん草 … 1/3束(75gほど)
  • 卵… 人数分
  • だし汁 … 500ml
  • 味噌 … 大さじ2と1/2ほど

スポンサーリンク

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の作り方

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の準備

上にも書いた通り、ほうれん草を直煮してみそ汁にするときは、卵と組み合わせるのがおすすめです。

※ほうれん草の味の濃さと卵の相性がよいですし、ものによってアクの出方は違いますが、卵のまろやかさがほうれん草のアクや渋みが出てきたとしてもそれらを和らげてくれます。

ほうれん草は、乾いた根っこを切り落としてから、左手でほうれん草の中ほどをつかみ、右手で持った包丁で切り込みを細かく入れます。

このときほうれん草を持っている左手に注意しながら、1~2㎝の深さで茎の太さよりも細かくなるようにすると、後から水洗いしたときに土が落ちやすいです。

※上の写真はほうれん草をまとめて処理したときの写真なので、このレシピ分量より多めです。また、「ほうれん草の下ごしらえ/ゆで方」に詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

ほうれん草は長さを3~4等分にします。それから人数分の卵はそっとだし汁に入れやすくするため、小さな器に一つずつ割っておきます

ほうれん草と落とし卵のみそ汁のレシピ/作り方

鍋にだしを入れて中火にかけ、沸いたら火を弱め、ほうれん草の軸の部分を入れてさっと火を通します

軸の部分が色鮮やかになれば、火を弱めて味噌を溶き入れます。*味を見ながら味噌大さじ2と1/2を目安に調整してみてください。

味噌を溶いて、再沸騰したら鍋肌にそっと卵を一つずつ落とします。コトコトと卵に火を通す時間は2~3分です。

落とし卵を作っている間に、ほうれん草の葉の部分を加え、箸などで上下を返して卵をつぶさないよう注意しつつ、火を通します。

卵を入れて2~3分経って、卵白がしっかり固まっていることを確認したら、お玉ですくい取り、椀に盛り付けて完成です。

【補足】

  • だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなど、白ごはん.comのだしレシピも調理時間や材料に合わせて参考にしてみてください。
  • 個人的にはみそ汁をひとつのおかずのように、ごはんに合うものに仕上げたいので、味が濃いめのほうが好きです。家庭で使っているみその濃さや、みそ汁を「おかずっぽく濃く仕上げるか」「さらりとした汁物とするか」などの好みで、 みその分量を調整してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ