おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鮭レタスチャーハンのレシピ/作り方

鮭レタスチャーハンの写真

調理時間:20分以下

塩鮭に火を通して身をほぐし、そこにたっぷりのレタスを加えてチャーハンにします。

鮭にはしっかり生姜やごま油の香りをつけて香ばしさを出し、レタスは最後に加えて食感を残すように炒めるのがポイントです!

このレシピのキーワード
レタス

印刷する

鮭レタスチャーハンの材料 (2人分)

  • 米 … 1.5合
  • 塩鮭(甘口) … 1切れ(100g弱)
  • レタス … 80~100gほど
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • 白いりごま … 小さじ1/2~1(お好みの量で)
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • ごま油 … 小さじ1/2
  • サラダ油 … 小さじ1
  • 醬油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/4ほど
  • こしょう … 少々

スポンサーリンク

鮭レタスチャーハンの作り方

鮭レタスチャーハンの準備

鮭レタスチャーハンの具材は『塩鮭とレタス』。そこに風味アップのための『生姜とごま』をプラスします。

生姜は皮をむいてみじん切りにして、レタスは1~1.5㎝四方に切ります。

※このレシピでは塩鮭は甘口で作っています。中辛や辛口でも作れますが、その場合は最後に加える塩気を調整してみてください。

塩鮭は湯を沸かして、その中で4~5分ゆでて火を通します。火が通れば取り出し、皮と骨を除き、粗くほぐします。

鮭レタスチャーハンのレシピ(香り付け)

具材が準備できたら、(できれば炊き立ての)ごはんをお皿などに取って5分ほど冷まして粗熱を取ります。

はじめに、フライパンにAのサラダ油とごま油各小さじ1/2ずつを入れ、中火で熱します。

※チャーハンを作るには炊き立てのごはんを少し冷ますくらいが、ごはんの表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになると思います(※ごはんの炊き方、冷まし方は「基本のチャーハンの作り方」を参考に)

油が熱くなれば、生姜を入れて10秒ほど炒め、続けてほぐした鮭を入れて続けてさっと炒め、お皿などに取り出します。

※2つの油で生姜と鮭を炒めるのは、ほどよく鮭にごま油と生姜の香りをつけるためです。

鮭レタスチャーハンのレシピ(仕上げ)

ここからはごはんを入れて炒めていきます。先ほどのフライパンを具などが残らないようきれいにして、Bのサラダ油小さじ1を追加して強火で油をなじませます。

フライパンにごはんを加え、ヘラの先でごはんの全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またごはんを同じようにほぐすということを何度か繰り返します。ごはんを炒める時間は1分ちょっとくらい。上の流れを繰り返して、強火で炒めながらごはんを温めつつ、しっかりほぐします。

ごはんをある程度炒めることができたら、先に炒めておいた鮭と生姜を戻し入れます。さっと炒め合わせたらここでCの醤油、塩、こしょうで味を整えます(レタスを入れる前に味付け)

※塩の分量は少し控えめくらいから加え、味を見ながら調整するとよいです。また、レタスは炒めすぎると色も食感も悪くなるので、味付け後に加えるとよいと思います。

味が決まってから、レタスと白いりごまを入れて全体を大きく混ぜ合わせながら炒め合わせます。少しレタスがしんなりとしたら完成です。

【補足】

  • レタスは食感と色合いを残すために最後に加えるのがポイントとなります。
  • 市販の鮭のほぐし身を使っても美味しく作れます。その場合でもさっと生姜といっしょに炒めると風味がアップするので同じような手順で作ってみてください。
  • お好みですが、こしょうは普通のチャーハンの時よりは少し多めに使うと美味しいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
レタス

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ