おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

卵白活用の決定版!卵白と青じそのカレーマヨ巻きのレシピ

卵白と青じそのカレーマヨ巻きの写真

調理時間:10分以下

卵白が余ったときは、みそ汁の具にしたり、焼いて和え物にしたりしていたのですが、最近はこればかり作っています。

焼いた卵白のしっかりとして、部分的にカリッとした食感に、青じそ&カレーマヨの風味が相性ばっちりかと思います!

このレシピのキーワード
お弁当
お酒のつまみ
大葉
マヨネーズ
カレー味

印刷する

卵白と青じそのカレーマヨ巻きの材料 (1~2人分)

  • 卵白 … 2個分
  • 大葉 … 3枚
  • カレー粉 … 少々(小さじ1/4ほど)
  • マヨネーズ … 適量
  • 爪楊枝 … 4本ほど
  • サラダ油や米油などの植物油 … 小さじ1/2
  • ごま油 … 少々

スポンサーリンク

卵白と青じそのカレーマヨ巻きの作り方

材料と卵白の焼き方

主な材料は、『卵白2個、大葉3枚、カレー粉、マヨネーズ、爪楊枝』です。

卵白は焼く前に、箸ですくい取って大きな塊だけちょっと小さくしておきます。

卵焼き器にサラダ油小さじ1/2とごま油少々を入れて弱めの中火で熱します(ごま油は風味付けのため)。

熱くなったら卵白を流し入れ、卵焼き器を傾けて全体に広げます。

ふつふつなってきたら箸でつつき、塩ひとつまみとこしょう少々(分量外)で下味をつけます。

軽く焼き色が付けば裏返します(写真のように、一度奥に引っ張り、上下を返してそのまま手前に引いてくると、やりやすいです)。

反対側も軽く焼き色が付くまで焼きます。そのころには淵も所々はカリッと香ばしく焼けているはず。そうすれば火を止めます。

卵白と青じそのカレーマヨ巻きのレシピ/仕上げ

卵白が焼けたら、粗熱が取れるまで待ちます(熱い状態のまま巻くと青じその色が悪くなります)。

粗熱が取れたらカレー粉を表面に薄く塗り、大葉3枚を隙間なくのせてください。

※粗熱を取るのは卵焼き器のままで行っています。巻いた後に包丁で切るのでまな板に移して粗熱を取ってもいいのですが、切るときだけ移したほうが汚れにくいかなと思って。

マヨネーズを全体にかけ、(爪楊枝を近くに準備してから)手前から巻きます。

巻けたら爪楊枝4~5本で留めましょう(爪楊枝の間を包丁で切るので、個数は爪楊枝の本数で調整します)。

最後に、カッティングボードやまな板に移し、包丁で爪楊枝の間を切って出来上がりです。

焼いた卵白のしっかりとして、部分的にカリッとした食感に、青じそ&カレーマヨの風味が相性ばっちりかと思います!

【補足】

  • 卵焼き器ではなくフライパンでも作れますが、長方形でない分、巻いた後に端の部分がゆるめに仕上がります。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜レシピランキング