おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

お吸い物をシンプルに!豆腐と絹さやのお吸い物のレシピ/作り方

豆腐と絹さやのお吸い物の写真

調理時間:10分以下※だし汁を取る時間を除く

おもてなしや、節分やひな祭りなどのちょっとした行事食に登場することの多いお吸い物。

豆腐と絹さやだけを使ってできるだけシンプルにする、そんなレシピにしてみました。

このレシピのキーワード
だし汁
おもてなし
豆腐
ひな祭り

印刷する

豆腐と絹さやのお吸い物の材料 (3人分前後)

  • 豆腐 … 1/3丁
  • 絹さや … 10枚ほど
  • 香り付けの木の芽やゆず … 少々
  • だし汁 … 500ml
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ1
  • 自然塩 … 小さじ2/3
    ※精製塩なら小さじ1/2くらいでOK

スポンサーリンク

豆腐と絹さやのお吸い物のレシピ/作り方

豆腐と絹さやのお吸い物の材料

お吸い物をできるだけシンプルに作るには『豆腐+食感と彩りのよい食材』がいちばんです。

今回は豆腐に絹さやを加え、香り付けとして柚子を使います。※豆腐は木綿でも絹さやでも、好みのものでOKです。

※豆腐は好みで選んでOKですが、仕上がりの写真のように盛り付けたいときは木綿豆腐のほうがやりやすいです。

まず、絹さやはヘタと筋を除き(→「絹さやの筋の取り方」)、見た目をきれいに仕上げたいときはヘタ側をきれいに切りそろえます。

豆腐はお椀の中で下2つ、上1つに重ねて盛り付けることを考えて、1〜1.5㎝厚の長方形に切ります

豆腐と絹さやのお吸い物のレシピ/作り方

鍋にだし汁を入れて中火にかけ、温まったら塩と醤油で味付けします。

沸騰直前になれば火を弱め、絹さやと豆腐を加えます。グラグラと煮立たせすぎずに絹さやに火を通します(時間として1〜2分。一つ食べてみるとよいです)。

絹さやに火が通るころには豆腐も温まっているので、お椀に盛り付けます。このとき豆腐だけを先に盛り付けます。下2つ、上1つに重ねて椀の中で高さを出すと見栄えがします

豆腐の盛り付けができれば、絹さやと汁をそそぎ、豆腐の上に皮をへいだ柚子や、木の芽をそえて完成です。

【補足】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
だし汁
おもてなし
豆腐
ひな祭り

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ