おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすの塩もみ(即席浅漬け)のレシピ/作り方

なすの塩もみ薬味和えの写真

調理時間:10分以下

このレシピを動画でみる

なすに塩をふって、すぐにぎゅっぎゅっと手で強くもみ込みます。そうすると、なすがしんなりして、即席浅漬けの出来上がり!

薬味はあるものでOKですし、なければかつお節を散らすくらいでも美味しいです。おうちにある薬味でぜひ!

このレシピのキーワード
なす
浅漬け
薬味
大葉(青じそ)

印刷する

なすの塩もみ(即席浅漬け)の薬味和えの材料(2人分)

  • なす … 1本(約150g)
  • 塩(塩もみ用) … 小さじ1/2
  • 醬油(好みで薄口でも) … 小さじ1/2〜1
  • ごま油 … 好みで少々(入れなくてもOK)
  • 大葉 … 1枚
  • みょうが … 1/3個
  • 薬味ねぎ … 1/2本分
  • 生姜 … 少々(1/4かけほど)

※写真のものを参考までに。薬味は用意できるものでOKです!

スポンサーリンク

なすの塩もみ(即席浅漬け)の薬味和えの作り方

塩もみの材料と薬味

この料理は「思い立ったときに5分もかからずできちゃう」のがいいレシピだと思います。

夏らしい薬味を複数組み合わせると風味と彩りがアップしますが、薬味単品でも、薬味がなければかつお節だけでもOKです。

※薬味の下ごしらについては「合わせ薬味の作り方」を参考に!塩もみしたらすぐ食べたほうがいいので「塩もみする前に薬味を切っておく」ことが大切です。

なすの塩もみのレシピ/作り方

まず、なすはヘタを切り落として、長さを3等分ほどにします。それから縦4〜6等分に切ります。

※今回はなすの食べ応えを出すために縦に切りましたが、好みで食べやすくいちょう切り(6〜7㎜幅)にしたりしても。

切ったなすはすぐに塩もみするので水にさらさずに、ボウルに移して「塩小さじ1/2」を加えます。塩を入れたら全体にまぶすように手で混ぜます。

塩がまんべんなくいきわたったら、手に体重をかけるくらいの気持ちで、なすをギュッ、ギュッと力強く押しながらもみ込んでいきます

手にコツコツと当たる感じのなすは、次第にしんなりして、なすにも透明感が出てきます。そうなったら、手でなすの水気をしぼり出します。

なすの塩もみの味付けと薬味和え

しぼったなすをボウルに入れ、醬油やごま油を加えて味付けします。味付けは醬油だけでもOK。ごま油を入れると味にパンチが出ます(これはお好みで!)

そこに家にある薬味や、かつお節、白ごまなど、準備できる好みのものを加え、混ぜ合わせて完成です。なすの色が変わるので和えたらすぐに食べましょう!

【よりシンプルななすの塩もみの動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特になすのしぼり加減など、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • この料理は塩もみしてすぐに食べるので、冷蔵庫で少し冷やしたなすを使うと美味しいと思います。
  • シンプルに刻みねぎ+かつお節、味付けは醤油+ごま油というのもおすすめです。
  • 塩小さじ1/2でなす150gに対して約2%の塩となります。
  • 器情報:安齋新・厚子さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ