おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすのはさみ揚げのレシピ/作り方

なすのはさみ揚げの写真

調理時間:30分以下

とろりと揚がったなすに、ひき肉の美味しさがプラスされたボリュームたっぷりのおかずです。

衣をつけたり、揚げたりする際、肉だねとなすがバラバラになりにくいやり方、分量にしています。衣付けの手間も極力省いていますので、ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
なす
鶏肉
揚げ物
ひき肉

印刷する

なすのはさみ揚げの材料 (2人分)

  • なす … 2本
  • 鶏ひき肉(もも肉) … 100g(※)
  • 玉ねぎ … 50~60gほど(約1/4玉)
  • 片栗粉(うち粉用) … 適量
  • 揚げ油 … 適量
  • 食べる時の辛子やポン酢 … 適量
  • 小麦粉(薄力粉) … 大さじ2
  • 片栗粉 … 大さじ2
  • 水 … 大さじ3強(大さじ3と1/3ほど)
  • パン粉 … 大さじ1
  • 酒 … 大さじ1/2
  • 片栗粉 … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ1/2
  • 塩 … ふたつまみ
  • こしょう … 少々

※好みで豚ひき肉に置き換えて作ってください。

スポンサーリンク

なすのはさみ揚げの作り方

なすのはさみ揚げの玉ねぎの準備

はじめに、玉ねぎはみじん切りにします。生のままをたねに加えるより、軽く火を通した方が肉だねとのバランスも良いのでレンジ加熱で火を通します。

耐熱ボウルに玉ねぎを入れて、レンジ600Wで2分加熱してください。レンジから取り出して、粗熱を取っておきます。

玉ねぎのみじん切りのやり方も参考に!

なすのはさみ揚げのなすの切り方

なすを切ったり肉だねを作る前に、バットや広めの器に衣を作っておくとよいです。

Aの材料(小麦粉と片栗粉各大さじ2、水大さじ3と1/3ほど)を合わせて箸でよく混ぜ溶かしておきましょう。

つづいて、なすを切ります。はじめに、なすのヘタ部分に浅い切り込みを一周入れ、浮いている余分なヘタを取り除きます。

縦半分になすを切ってから、(まな板に寝かせて)厚みを半分にするように、ヘタ近くまで切り込みを入れます

※切ったなすはそのまますぐに肉だね作り→詰めて揚げるという流れを取れば、特に水にさらす必要もありません。

なすのはさみ揚げの肉だねのレシピ

この頃には玉ねぎの粗熱も取れているかと思います。そうなれば揚げ油を火にかけて準備&肉だねを作ります。

ボウルにBの材料(パン粉大さじ1、酒大さじ1/2、片栗粉小さじ1、醤油小さじ1/2、塩2つまみ、こしょう少々)を加え、手でよく練り混ぜます。

続けて、ヘラやテーブルナイフなどを使って、なすの切り込みに肉だねを隙間のないように詰めていきます(はじめに肉だねを4等分にして、均一に分けるとよいです)。

下の写真のように、最後はなすの形に添うように、切り口の部分に肉だねを押し入れて、表面をきれいに整えます。

衣をつける前に、縦半分に切った切り口にティースプーン1/2杯ほどの片栗粉をふりかけて、広げておきます

その後に、衣の中でなすを回転させて、衣を全体につけ、揚げ油に投入します。

刷毛が必要になるので、工程として省いていますが、なすの表面全体に薄く片栗粉をつけてもOKです。そうすれば全体に衣がしっかりめにつきます。

(ただ、この工程は省いても薄く衣はついてくれるので、余裕があれば行うくらいで大丈夫かと思います)

なすのはさみ揚げの揚げ方/レシピ

揚げ油は180℃で、無理をせず入る分量ごと揚げていきます。目安として揚げ時間は4~5分ほど。途中1分ごとくらいで上下を返すとよいです。

※後半特に(なすからの水分も出やすくなって)油が飛びやすいので、蓋があれば蓋をするなどしましょう。

4~5分たてば、なすを取り上げてしっかり油を切ります。好みで半分に切ってから器に盛り付けるなどしてください。

揚げたてのなすのはさみ揚げに、練り辛子+ポン酢しょうゆ(もしくは酢じょうゆ)を合わせて、つけながら食べましょう!

【補足】

  • 揚げる前に粉を全体にまぶす工程は省いて紹介しています。ただ、切り口にだけ片栗粉を広げるのは、それをやるだけでそこの部分だけ衣の厚みがアップして美味しかったのでそのようにしています。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
なす
鶏肉
揚げ物
ひき肉

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜レシピランキング