おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

生麩田楽のレシピ/作り方

生麩田楽の写真

調理時間:20分以下

もっちり食感の焼いた生麩に、甘いみそだれ。生麩田楽は、ちょっとしたおかずにもおつまみに嬉しい1品だと思います。

購入した生麩自体は【冷凍保存可能】なため、買ってストックしておくと本当に作りやすい!ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
みそ味
田楽
ヴィーガン(動物性素材不使用)

印刷する

生麩田楽の材料 (2~3人分)

  • 生麩(よもぎ麩や粟麩) … 200~250gほど
  • サラダ油,米油,なたね油など植物油 … 小さじ1~2ほど
  • 練り辛子や木の芽など … 好みで適量
  • みそ(※) … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1/2

※写真は豆みそを使用していますが、みそは米みそや麦みそなど、おうちのみそでOKです。

スポンサーリンク

生麩田楽の作り方

田楽みそをはじめに準備する

生麩を調理する前に、田楽みそを作ります。鍋にAの調味料(みそ大さじ1と1/2、砂糖大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1/2を混ぜ合わせ、少し弱めの中火にかけます。

沸いたらヘラで鍋底を混ぜながら2〜3分煮詰め、みそだれを持ち上げてボタッと落ちるくらいのとろみになれば火を止めます。

※みそだれの詳細は「万能みそだれの作り方」にまとめているので、ぜひこちらも参考に。また、火を使わずより手軽な、黒胡椒みそだれでも美味しいのでどちらでも!

生麩田楽の作り方/レシピ

今回は「あわ麩」と「よもぎ麩」を使用しました。これを端から1㎝幅に切ります。

※冷凍しておいた場合は、半解凍の状態で切ると切りやすいです(その後、冷蔵庫で自然解凍して次の工程へ)

フライパンに油小さじ1~2ほどを入れて弱めの中火で熱し、切った生麩を並べ入れます。両面に軽く焼き色が付くように裏返しながら焼きます

※少し甘めの生麩は特に、焼き色が付きやすいので注意しながら焼くとよいです。

両面に焼き色が付けばお皿に取り出します。生麩の上に軽くスプーン1杯分ずつ味噌だれをのせます(もしくは味噌だれを横に添えて各自取るようにします)。

好みで練り辛子を添えたり、あれば木の芽を1枚ずつのせても、風味がアップするのでより美味しくなると思います。

【補足】

  • 揚げ油があれば、粉も何も付けずに、170〜180℃に熱した油の中で、きつね色になるまでさっと揚げて取り出す加熱方法もおすすめです。
  • 生麩とは小麦粉のグルテンにもち米の粉を混ぜて、それを練って生地にして、最後にゆでて作るもので、その生地の中に、よもぎのペーストを練り込んだり、炊いた粟を練り込んだりして特徴を付けています。
  • 田楽みその中には、卵黄入りの本格的な味噌だれのレシピもあるので、こちらも参考にしてください!
  • もし田楽みそが余れば、なす田楽きぬかつぎふろふき大根などに使ってください。
  • レシピ更新情報:写真をすべて撮り直し、文章もリライトしました(2020.10)

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング