おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

みょうがの甘酢漬けのレシピ/作り方

みょうがの甘酢漬けの写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

夏から秋の時期、みょうがの甘酢漬けが冷蔵庫にストックされていたら、みょうがのきれいな彩りを活かしていろいろと活用できます。

焼き魚の箸休めにしたり、お寿司の具にしたり、お弁当にちょっと加えたり。ゆでたては色が多少くすむのですが、甘酢に漬けることできれいな赤色に発色してくれます。
【保存の目安:冷蔵で5日ほど】

このレシピのキーワード
みょうが
甘酢漬け
夏野菜

印刷する

みょうがの甘酢漬けの材料 (作りやすい分量)

  • みょうが … 3個
  • 昆布だし … 大さじ6
  • 酢 … 大さじ4
  • 砂糖 … 大さじ2と1/2
  • 塩 … 小さじ1/4

スポンサーリンク

みょうがの甘酢漬けの作り方

みょうがの下処理

みょうがは乾いた根元を少し切り落とし(穂先側でも変色している部分があれば切り落とし)、縦半分に切ります。

鍋に湯を沸かして1分ほどみょうがをゆでます。

ざるに上げて、全体にうっすらと塩(分量外)をふりかけ、そのまま粗熱を取ります。

※ゆでたてのみょうがは、赤い色が退色していますが、甘酢に漬けると赤く発色してくれます。

みょうがの甘酢漬けの仕上げ/漬け込み

粗熱が取れたみょうがは手でギュッとしぼって水気をしぼり出します。

あとはAの甘酢漬けのもとに漬け込むのですが、食べやすく繊維にそってせん切りしてもいいし、ゴロっと1/2のまま(もしくは1/4サイズに切って)漬けても

保存容器にAを合わせて調味料を溶かし混ぜ、好みの切り方にしたみょうがを漬け込みます。

冷蔵庫で保存し、3~4時間後くらいから美味しくいただけます。

食べるときは汁気を切って、焼き魚の箸休めにしたり、お寿司や混ぜご飯の具にしたり、お弁当にちょっと加えたりと、いろいろ使ってみてください。

※いちばん上の写真は1/2のまま漬け込んだものです。素材感があって食べやすいのは1/4等分くらいかもしれいですが、大きく切ったものをそのまま漬け込んだほうが多少色が抜けにくいと思います(食べる前に適宜切る必要が出ますが…)

【補足】

  • 漬け込んでから1週間以上は楽しめます。でも、次第にみょうがの色合が退色してくるので、作ってから5日程度を目安に食べ切るとよいと思います。
  • 甘酢漬けの素は、まとめて作るのも便利です → 「作り置き甘酢」のレシピページも参考にしてみてください。
  • 昆布だしのほうがみょうがの香りは感じやすいですが、だしは普通のかつおと昆布のだしでも作れます。水に対して昆布1%を数時間浸けおく水出し昆布だしで十分だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
みょうが
甘酢漬け
夏野菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ