おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

お茶パックの代用としても!キッチンペーパーのまるめ方(追い鰹・調理時の油のふき取りにも)

キッチンペーパーのまるめ方の写真

調理時間:10分以下

キッチンぺーパーを使った崩れにくい包み方の紹介なのですが、中に何かを包めばお茶パックの代用として使えますし、包まずに塊りにすれば調理時の油をふき取ったりと調理の際に便利です。

肉などを焼くとき、たこ焼きを作るとき、追いがつおをするとき、お茶パックがないときなどなど、使えるシーンは多いのでぜひお試しください。

印刷する

材料(分量不問)

  • キッチンペーパー … 1枚
  • 中に包む場合は包むもの適宜

スポンサーリンク

キッチンペーパーの活用方法

何も入れないキッチンペーパーのまるめ方

肉を焼いているときにさっと油をふき取りたいだとか、かつお風味を際立たせたいときに追いがつおをしたいだとか。ときにはお茶パックの代用としても。

そんなときはキッチンペーパー1枚を上手に使って、崩れないように丸める方法を知っておくと非常に便利です。

使うのはキッチンペーパー1枚。厚手のものでも薄手のものでもどちらでもOKです。

まずは基本の『何も中に入れないキッチンペーパーの塊りを作るやり方』の紹介です。はじめにキッチンペーパーを横にして手前側1/3を向こう側へ折り込みます

それから右から1/4ずつくるくると折りたたんで、縦長の状態にします。

続けて、上下を逆にします(上が厚みがあり、下が薄い状態になります)。

厚みのある側へ、薄いほうの端を押し込むことで、留めることができます

※厚みのある側は4層になっているので、写真のように1層だけ残す形で3層を内側に入れるように薄い端を入れ込みます。

これで箸で持ったりしても崩れないキッチンペーパーの塊りができあがります。

※例えば肉を焼くときに出てきた余分な脂を吸い取ったり、タコ焼きを焼くときに油を染み込ませるものに使ったりと、調理にいろいろ使えます。

お茶・だしパックの代用として使うときの包み方

同じ包み方を活用して、かつお節を中央に包むことで“追いがつお”に使ったり、茶葉を包んで“お茶パックの代用”に使ったりもできます

上と同じくキッチンペーパーを横にして、中央よりも少し手前側にかつお節や茶葉を置きます。あとの作り方は同じで、手前側1/3を折り込み、右から折りたたんでいきます。

※かつお節や茶葉の分量によって、右から折りたたむ間隔を1/3か1/4か決めるとよいです(多めなら1/3ずつ折るとよいです)。

薄い端のほうを厚みのある側へ折って、内側へ入れ込んで完成です。そのまま煮物やおでんといった、かつおの風味を際立たせたい料理に”追いがつお”したり、茶葉を包むならお茶を煮出したりしてください。

※キッチンペーパーの種類によって中の空気が抜けやすいかどうかもあるので、特に茶葉を入れて煮出す用の時は、できるだけ空気を抜くように包むとよいです。またやかんの中に入れた後、キッチンペーパーを破らないように軽く沈めて煮出しやすくしましょう。

【補足】

  • キッチンペーパー1枚だとそんなにたくさんは詰めることができないので、市販されているお茶・だしパック小サイズと同じか、より小さいくらいに考えるとよいです。
  • 丸めないで油を吸おうとしても、吸いが悪かったり、薄い部分で油を吸いすぎて移動中ぼたぼた垂れたり…、そんなことを防げるので、調理時でも私はこうして丸めて使っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ